ファッション

会員制コミュニティースペース「ミュータント スタンド」が渋谷にオープン 世界的NFTをモチーフにしたフーディやキャップなども

 オン(ON)は、NFTプロジェクト「ミュータント エイプ ヨット クラブ(Mutant Ape Yacht Club、以下MAYC)」のアイコンを用いた会員制コミュニティースペース「ミュータント スタンド(MUTANT STAND)」を11月18〜25日に渋谷にプレオープンする。正式オープンは26日を予定していて、日本で同アイコンを利用したのは今回が初めてだ。

 「MAYC」は、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)やエミネム(Eminem)、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)ら著名人が所有するNFTプロジェクト「ボアード エイプ ヨット クラブ(Bored Ape Yacht Club、以下BAYC)」の猿のイラストが、ゾンビのように“突然変異した”というコンセプトで誕生した。「BAYC」や「MAYC」などのジェネレーティブNFT(プログラミング技術によって発行された作品)はすべて一点モノであるため、その希少性が高価格につながり、3月の時点では総取引数量が約30万ETH(約1200億円)まで上昇している。

 「ミュータント スタンド」は、「MAYC」のバイオロジカルなコンセプトに着想を得ていて、ケミカルカラーで表現した空間が特徴。ウェブスリー(WEB3.0)コミュニティーの交流を軸に、さまざまなカルチャーが融合したイベントを行うほか、「MAYC」のアイコンやショップのロゴをあしらったオリジナル商品も販売する。フーディー(税込1万5400円、以下同)やTシャツ(8360円)、キャップ(3960円)、ポーチ(5720円)、CBD20%オイル(10ml、9900円)、ビーカー(3960円)などをそろえる。

■MUTANT STAND
プレオープン:11月19〜25日
正式オープン:11月26日
場所:東京都渋谷区宇田川6-11 原宿パークマンション107
営業日:木〜日
時間:16:00〜24:00(木、金)、14:00〜24:00(土、日)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。