ビューティ
連載 SNSトレンドに、業界は「どうする」? 第24回

Vol.24 美容医療の普及が「スキンケア」への期待値さえ変えている?【SNSトレンドに、業界は「どうする」?】

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」のソーシャルエディターは毎日、TwitterやFacebook、Instagram、そしてTikTokをパトロールして、バズった投稿や炎上、注目のトレンドをキャッチしている。この連載では、ソーシャルエディターが気になるSNSトレンドを投げかけ、業界をパトロールする記者とディスカッション。業界を動かす“かもしれない”SNSトレンドの影響力や、投稿がバズったり炎上してしまったりに至った背景を探る。今、SNSでは何が起こっているのか?そして、どう向き合うべきなのか?日々のコミュニケーションのヒントにしたい。今回は、美容医療の普及で概念が変わり始めてきた「効果実感」や「肌のお手入れ」についてのお話。

10月のヒットランキング「シートマスク」TOP5 トモズ編
> 10月のヒットランキング「シートマスク」TOP5 トモズ編

ソーシャルエディター浅野:ここ数年で一般的になった美容医療ですが、最近はニーズがさらに高まっています。気軽に受けられる施術が増えたこと、挑戦しやすい価格になってきたことで、悩みを解決するための選択肢として浸透してきました。普段のスキンケアの費用は抑えて、肌の悩みは医療で解決という人も増えてきました。私も“美容医療沼”にハマっているところです(笑)。SNSを見ても、「ハイフ」「ダーマペン」「レーザー」などは一般的にも広く知られるようになり、これらのキーワードを使用した一般化粧品やプロモーションも見かけるようになりました。最近だとレーザー美容発想で浸透力にフォーカスした「クオリティファースト(QUALITY 1ST)」のシートマスク“ダーマレーザー”がバズを起こしています。さらに、最近は、高密度の超音波でたるみなどを改善するハイフのような効果を謳う家庭用美顔器が登場。こちらは「危険ではないか?」と物議を醸しています。美容医療は効果が高い分、リスクやダウンタイムもあります。あくまで「医療」なのに、一般化粧品やホームケアとの境界が曖昧になってきたことを危惧しています。

忖度なし!本当に売れた人気コスメを称えるWWDBEAUTY 2022下半期ベストコスメ発表!
> 忖度なし!本当に売れた人気コスメを称えるWWDBEAUTY 2022下半期ベストコスメ発表!

この続きを読むには…
残り1521⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。