ファッション

「ウルトラ ジャパン 2015」3日目も普段着とフェスのミックスが人気 藤井リナや今井華ら来場

 都市型ダンスミュージック・フェス「ウルトラ ジャパン 2015(ULTRA JAPAN 2015)」の3日目が21日、東京・台場のお台場ウルトラ ジャパン特設会場で開催された。世界的DJのデヴィッド・ゲッタ(David Guetta)をはじめ洋邦合わせて28組のアーティストが出演した。最終日も晴天に恵まれた中、モデルの藤井リナや今井華、E-girlsの阿部絵里恵、プロサーファーの湯川正人、荻原桃子「ムルーア(MURUA)」クリエイティブ・アドバイザーらもフェスを楽しんだ。

 メインステージ終盤には、スウェーデン出身若手トップDJのアレッソ(Alesso)が自身のエンブレムTシャツとアイコニックな白のヘッドフォン姿で登場した。得意のメロディアスなプログレッシブ・ハウスとレイブ・チューンを織り交ぜて観客を踊らせた。要所要所でヒット曲を披露し、ラストに人気曲「ヒーロー」をプレイしてフェスを盛り上げた。

 今年も3日間参加した植野有砂「フィグ&ヴァイパー(FIG&VIPER)」クリエイティブ・ディレクターは、マキシ丈のフリンジスカートとグリッター素材のタンクトップでフェス感を表現。「去年より盛り上がっている。普段着とフェスファッションのミックスが進んでいて、会場を見ていて楽しい」と話した。

小橋賢児「ウルトラ ジャパン」クリエイティブ・ディレクターは、「2年目でより幅広い方にご来場頂けた。ヒップホップやロックからファッションが生まれたように、ダンスミュージックから生まれたフェスファッションが都市型の『ウルトラ ジャパン』を通して街に馴染み始めている」と手応えを語った。

 3日目は主催者発表3万人が来場し、3日間で計9万人を動員した。

[rel][item title="【スナップ】 「ウルトラ ジャパン 2015」1日目は日常×フェスのハイブリッドスタイルが人気 島袋聖南や植野有砂らも来場" href="http://www.wwdjapan.com/snap/party_event/japan/ultra-japan/ultra-japan-2015/29156/" img="https://www.wwdjapan.com/snap/wp-content/uploads/sites/5/2015/09/ultra_main_fb.jpg"][/rel] [rel][item title="【スナップ】「ウルトラ ジャパン 2015」2日目には仮面スタイルも MINMIら来場" href="http://www.wwdjapan.com/snap/party_event/japan/ultra-japan/ultra-japan-2015/29245/" img="https://www.wwdjapan.com/snap/wp-content/uploads/sites/5/2015/09/ultra_day2.jpg"][/rel]

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら