ファッション

本明秀文アトモスCEO初の著書「シュー ライフ」発売 スニーカービジネスに捧げた激動の半生記

 スニーカーショップ、アトモス(ATMOS)の本明秀文CEOによる初の著書「シュー ライフ 『400億円』のスニーカーショップを作った男」(光文社)が9月22日に発売される。

 手取り14万8000円のサラリーマンだった本明CEOが、家族から集めた300万円を元手に起業し、原宿に2.7坪の並行輸入レアスニーカーショップ「チャプター(CHAPTER)」をオープン。2000年に「ナイキ(NIKE)」の正規販売店として「アトモス」をスタートし、米スニーカー大手のフットロッカーに「アトモス」を運営するテクストトレーディングを約400億円で売却するまでの“スニーカードリーム”を余すところなく明かす。

 「体を酷く壊し、借金を抱え、何度も冬の時代に遭遇しながら、決して平坦ではなかったけど、スニーカービジネスには、どんなときも真面目に取り組み、情熱を注いできた」という本明CEOの激動の半生を通じて、チャンスの掴み方や価値の生み出し方、商売のヒントといった、ビジネスの本質に触れることができる一冊だ。

 「WWDJAPAN」で好評連載中の「アトモスCEO・本明秀文のスニーカーライフ」でもお馴染みの“炎上上等”な語り口は、同書でも健在。同連載を担当する元「WWDJAPAN」編集部員、小池裕貴ヴァイナル代表が聞き手と文を担った。

 スニーカーカルチャー、転売、海外進出、企業売却の裏側なども知ることができる必読の書だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。