ファッション

ゴールドウインが国立公園の魅力を発信 「ザ・ノース・フェイス」と「ヘリーハンセン」の限定商品を発売

 ゴールドウインはこのほど、全国34カ所にある国立公園の持続可能な“保護と利用”を実現するための新プロジェクト「ナショナル パークス オブ ジャパン(National Parks of Japan)」を発表した。プロジェクトのオリジナル限定商品の発売と、情報発信プラットフォームとなるウェブサイトの公開を皮切りに、7月21日にスタートした。

 プロジェクトでは同社が培ってきた知見を活かし、日本の国立公園の魅力を発信して認知向上と利用促進に寄与することを目指す。同社は環境省と、国立公園の景観保護などを目的とした「国立公園オフィシャルパートナーシップ」を2020年10月に締結している。

 オリジナル限定商品は、「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」と「ヘリーハンセン(HELLY HANSEN)」から“ナショナル パーク コレクション”を発売した。オーガニックコットンなどの環境に配慮した素材を使い、それぞれTシャツ(税込6050円)、キャップ(同5280円)、トートバッグ(同4620円)を用意した。今回対象となる中部エリア8つの国立公園を記載し、「ザ・ノース・フェイス」ではライチョウのアイコンをデザイン、「ヘリーハンセン」では発祥である北欧らしいカラーに仕上げた。

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。