ファッション

「ミントデザインズ」が20周年記念展を東京・青山のスパイラルガーデンで開催

 「ミントデザインズ(MINTDESIGNS)」は今年デビュー20周年を迎え、これを記念して6月8〜19日の期間、東京・青山のスパイラルガーデンで「ミントデザインズ大百科:Mintpedia」展を開催中だ。

 百科事典をめくるように、20年間の「ミントデザインズ」の仕事を読み解く内容で、アーカイブルックをはじめ、130種類以上のオリジナルテキスタイルの展示や、40シーズン分のコレクションを年代、テーマ別に分類した映像コンテンツを用意する。

 会期中は20周年にちなみ、これまでに発表したコレクションからベスト20として厳選したプリントドレスと版画(限定20点)のオーダーを受け付けるほか、展覧会場のエントランスにポップアップショップをオープンし、Tシャツやテキスタイルを使ったバッグ、ステッカーなどの限定グッズを販売する。

 「ミントデザインズ」は、共にロンドンのセント・マーチン美術大学MAで学んだ勝井北斗八木奈央が2001年にスタート。大胆なカラーリングとポップなテキスタイル使いが特徴で、20年来使用するバルカナイズドファイバー(紙製)ボタンは同ブランドのアイコンになっている。

 勝井と八木は、「服には着る楽しみがあるが、それを見る人も楽しませるものであってほしいとの思いから、豊かな色彩と、グラフィカルでユニークなモチーフのオリジナルテキスタイル製作にこだわってきた」と20年を振り返る。

■「ミントデザインズ大百科:Mintpedia」展
日程:6月8〜19日
時間:11:00〜20:00
場所:スパイラルガーデン
住所:東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1階
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら