ファッション

次世代の表現者、イシヅカユウに聞く ファッション業界は女性・マイノリティーとともにあるか

有料会員限定記事

 ジェンダー平等を求める声の高まりを受けて、ファッション&ビューティ業界でも業界のあり方から作る製品や広告、働く人の福祉など、さまざまな観点からジェンダーの構造や意味を問い直す議論が進んでいる。6月13日発売の「WWDJAPAN」ではファッション&ビューティ業界で活躍している女性25人にスポットライトを当て、業界の現状について思うことや女性活躍の推進に注力しているブランドや企業などを紹介。モデルとしてキャリアをスタートし、2021年にはトランスジェンダーが主人公の映画で当事者として主演を務めたイシヅカユウさんに聞いた。

WWDJAPAN(以下、WWD):モデルになった経緯とは?

イシヅカユウ(以下、イシヅカ):もともとデザイン学校の服飾科に通っていたが、事情が重なって途中で辞めることに。その後ヘアモデルをする機会があって、静岡を拠点としていたが東京でも仕事をするように。洋服が大好きでデザインにも興味があったので、モデルなら洋服作りにも関われるんじゃないか、と考えた。作り手の1人として、モデルや演技活動をしている感覚だ。

WWD:イシヅカさんの働く企業・業界での女性活躍の達成度は何%だと思うか。

イシヅカ:ファッション業界は、ほかの職種と比べて男女の垣根なく活躍している人が多いイメージがあったが、中身はすごく男性社会だなと思う。映像業界も同様。活躍している人の比率や、仕事の仕方、そもそもの在り方が男性中心的だ。変わってきているところもあるが、意外とまだ50%。可視化されているマイノリティーや女性の先に、まだまだ可視化されていない属性がある。

WWD:そう感じる理由は?

この続きを読むには…
残り2928⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら