ファッション

「ディオール」がフィリップ・スタルクと協業 “メダリオンチェア”をモダンに再解釈

 「ディオール(DIOR)」のホームコレクション、“ディオール メゾン(DIOR MAISON)”は、世界的なクリエイターのフィリップ・スタルク(Philippe Starck)と協業し、ブランドのシンボルの一つである“メダリオンチェア(Medallion Chair)”をモダンに再解釈して発表した。6月7~12日にイタリア・ミラノ郊外で開催されているインテリア・デザインの祭典「ミラノサローネ国際家具見本市(Salone del Mobile.Milano)」に合わせて行われている展示会、“ディオール・バイ・スタルク(Dior by Starck)”で披露した。

 “メダリオンチェア”は、創業者のクリスチャン・ディオールが愛したルイ16世様式の象徴として、クチュールサロンやブティックを創業当時から飾っている。ミニマムな美しさを追求することで知られるスタルクは、“メダリオンチェア”を極限までシンプルにし、洗練されたシルエットに仕上げたという。“ミス ディオール(Miss Dior)”と名付けられたこの椅子には、アームレストのないモデルと、アームレストを1つもしくは2つ備えたモデルがある。リサイクル可能なアルミニウムで作られており、ポリッシュまたはサテン仕上げのブラッククロム、ピンクコッパー、ゴールドなどの色調で展開。価格は1500~5000ユーロ(約21万~70万円)。

 スタルクは、「時代を超越する、タイムレスで絶対的なデザインを作るべく努力した。これはアイコニックで、決して時代遅れにならないものだ。物体の構造を深く理解し、それを再現する技術なしにはできないことだが、あらゆる意味でこれ以上シンプルな椅子はないと思う。多くのクチュリエと同様に、私も“リトル ブラック ドレス”を作りたいと探求を続けてきた。椅子に関しては、この“ミス ディオール”がそれに当たると言えるだろう」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら