ファッション

「モンクレール」 × ジョナサン・アンダーソンの最新コレクション 鮮やかな色使いとサイケなパターンが特徴

 「モンクレール(MONCLER)」によるクリエーターコラボプロジェクト“モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)”は6月9日、デザイナーのジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)が手掛ける「1 モンクレール JW アンダーソン(1 MONCLER JW ANDERSON)」の最新コレクションを発売した。価格はTシャツが4万1800円(税込、以下同)〜、パーカが7万8100円〜、ニットが8万4700円〜、ダウンジャケットが24万900円〜など。販路は「モンクレール」の一部店舗と公式オンラインストア、主要セレクトショップだ。

 同コレクションは“Dream in color”と題され、鮮やかな色使いとサイケデリックなパターンで“陽気な逃避行”を表現する。大きなアウトポケットを設けたTシャツやブルゾン、ボリューム感のあるカラフルなサンダルなど、ジェンダーレスで遊び心のある商品をそろえる。一方で、「モンクレール」のルーツである“アウトドア”の機能にあらためて注目し、素材やパターンなどに焦点を当てた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら