ファッション

「モンクレール」がファーフリー宣言 環境負荷の少ない素材を使用した「ボーン トゥ プロテクト」コレクション第2弾も発売

 「モンクレール(MONCLER)」がファーフリーを宣言した。全コレクションでファーの使用を段階的に廃止する。まず2022年中にファーの調達を中止し、23-24年秋冬をファーを使用する最後のシーズンとする予定だ。同ブランドは別途、23年までに従来型の使い捨てプラスチックをゼロにし、ナイロンの80%以上をリサイクル。世界中の自社拠点で100%再生可能エネルギーを使用する、支援を必要とする10万人を寒さから保護するなどのサステナビリティプランを発表している。

 また「モンクレール」は、「地球を守り、より良い未来を創造するためのブランドの姿勢を反映した」という「ボーン トゥ プロテクト(BORN TO PROTECT)」コレクションの第2弾を発表した。第1弾のダウンジャケットに続き、パーカ(税込10万1200円)やバックパック(13万8600円)、帽子(4万2900円~)やスニーカー(5万9400円)をラインアップする。再生ナイロンやオーガニックコットン、原産地や生産ルートが明確で、徹底した品質管理が行われていると認定した製品に付与されるDIST認証(Down Integrity System and Traceability)を得たダウンなどを用いる。

 「モンクレール」は自身のDNAが山にあるとし、新たなキャンペーンにおいて“かつて私たちは山に登っていた。しかし今、私たちは山を助けなければならない”とのスローガンを掲げる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら