ファッション

「モンクレール」がファーフリー宣言 環境負荷の少ない素材を使用した「ボーン トゥ プロテクト」コレクション第2弾も発売

 「モンクレール(MONCLER)」がファーフリーを宣言した。全コレクションでファーの使用を段階的に廃止する。まず2022年中にファーの調達を中止し、23-24年秋冬をファーを使用する最後のシーズンとする予定だ。同ブランドは別途、23年までに従来型の使い捨てプラスチックをゼロにし、ナイロンの80%以上をリサイクル。世界中の自社拠点で100%再生可能エネルギーを使用する、支援を必要とする10万人を寒さから保護するなどのサステナビリティプランを発表している。

 また「モンクレール」は、「地球を守り、より良い未来を創造するためのブランドの姿勢を反映した」という「ボーン トゥ プロテクト(BORN TO PROTECT)」コレクションの第2弾を発表した。第1弾のダウンジャケットに続き、パーカ(税込10万1200円)やバックパック(13万8600円)、帽子(4万2900円~)やスニーカー(5万9400円)をラインアップする。再生ナイロンやオーガニックコットン、原産地や生産ルートが明確で、徹底した品質管理が行われていると認定した製品に付与されるDIST認証(Down Integrity System and Traceability)を得たダウンなどを用いる。

 「モンクレール」は自身のDNAが山にあるとし、新たなキャンペーンにおいて“かつて私たちは山に登っていた。しかし今、私たちは山を助けなければならない”とのスローガンを掲げる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。