ファッション

「エトロ」のクリエイティブ・ディレクターが交代 創業ファミリー外から

 「エトロ(ETRO)」の新クリエイティブ・ディレクターに、6月1日付でイタリア人デザイナーのマルコ・デ・ヴィンチェンツォ(Marco De Vincenzo)が就任する。これまでウィメンズ、メンズ、ホームをそれぞれ手掛けていた創業ファミリーのヴェロニカ・エトロ(Veronica Etro)、キーン・エトロ(Kean Etro)、ヤコポ・エトロ(Jacopo Etro)の後任となり、すべてのコレクションを監修する。就任後初のコレクションは、9月のミラノ・ファッション・ウイークで発表する2023年春夏ウィメンズ・コレクションになる予定だ。

 マルコはシチリア出身。ローマのヨーロッパ・デザイン学院を卒業後、00年に「フェンディ(FENDI)」のアクセサリーラインのデザイナーとしてキャリアをスタートさせた。09 年には、自身の名を冠したウィメンズウエアブランドを設立。同年、「ヴォーグ イタリア(VOGUE ITALIA)」とアルタローマ(Altaroma)による新人デザイナーコンテストの 「フー・イズ・オン・ネクスト?(Who is on Next?)」で優勝を掴み、イタリアファッションの未来を担うデザイナーとして注目を集めてきた。

 また1968年創業のエトロは、2021年7月にLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)系の投資会社、Lキャタルトン(L CATTERTON)に株式の60%を売却している。創業ファミリーであるヴェロニカ、キーン、ヤコポは、引き続き L キャタルトンと協力し、ブランド戦略の発展に貢献するという。

 21年9月に就任したファブリッツィオ・カルディナリ(Fabrizio Cardinali)最高経営責任者は、「ブランドの新しい道筋を担うマルコ・デ・ヴィンチェンツォの加入を心から歓迎する。彼の色使いやプリント、ファブリックに対する感性で、『エトロ』の類まれなヘリテージを新たに解釈し、素晴らしいクリエイションを見せてくれるだろう。また、アクセサリーの分野にも新たな活力を与えてくれると確信している」と述べる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら