ファッション

2023年春夏ミラノメンズ・スケジュール 男女合同発表からの転換とリアルショー充実でメンズウエアを盛り上げる

 6月17日から21日まで開催される2023年春夏ミラノ・メンズ・ファッション・ウイークの公式スケジュールが発表された。今季は、「ヴェルサーチェ(VERSACE)」や「モスキーノ(MOSCHINO)」がカムバック。「プラダ(PRADA)」「フェンディ(FENDI)」「エトロ(ETRO)」「ディースクエアード(DSQUARED2)」「MSGM」をはじめ、ショーやプレゼンテーションを行う66ブランドのうち、61組がリアル発表を行う。

 今シーズンの目玉の一つは、「ジェイ ダブリュー アンダーソン(JW ANDERSON)」のミラノでは初となるリアルショーだ。もともとは1月にショー開催予定だったが、オミクロン株の拡大を受けてデジタル発表に切り替えた。同じく1月のミラノメンズで直前にショーを中止した「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」と「エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)」もメンズのショーを開く。昨シーズンは久々にウィメンズのミラノコレに参加し、そこでメンズウエアを軸としたコレクションを発表した「グッチ(GUCCI)」も、19日にプレゼンテーションを行う予定だ。また、ブランド再構築を進める「コルネリアーニ(CORNELIANI)」は新たに参画したデザイナーのポール・サリッジ(Paul Surridge)によるサステナブルな“サークル・コレクション”を18日にプレゼンで披露。「マルセロ・ブロン カウンティ・オブ・ミラン(MARCELO BURLON COUNTY OF MILAN)」は、ショーとアフターパーティーでブランド設立10周年を祝う。

 さらに、いつもトップバッターを務めていた「ゼニア(ZEGNA)」は今季、20日19時にスケジュールを移動。ミラノから車で2時間ほどのトリヴェーロにある自然公園「オアジ・ゼニア(Oasi Zegna)」でランウエイショーを開催する。22日から始まるパリメンズへの移動を容易にするため、最終日21日はデジタル発表のみとなっており、「ゼニア」がリアル発表のトリを飾ることになる。

 今シーズンは、男女合同発表ではなく、メンズのみを披露するブランドが大半だ。これに対し、イタリア・ファッション協会(Camera Nazionale della Moda Italiana)のカルロ・カパサ(Carlo Capasa)会長は、「メンズウエアが脚光を浴びる期間を取り戻すことは、特にこの分野を強みとするイタリアの企業にとって重要だ」とコメント。「男女合同ショーには、メンズの影が薄くなるリスクがある。さらに、このタイミングでの発表はセールス面でも有利だ。そのため、メンズウエアにフォーカスした瞬間をつくるのは、回復と大きな成長を見せているカテゴリーのビジネスにとって有益なことだ」と付け加えた。

 実際、2021年の総売上高が前年比21.2%増の830億ユーロ(約11兆2162億円)だったイタリアのファッション産業全体のポジティブな勢いを反映して、メンズウエアは再び盛り上がっている。22年最初の2カ月もこの傾向は続き、売上高は前年同期比25%増。ウクライナ戦争をはじめ、エネルギーやガソリン価格の高騰、テキスタイルの値上げは業界にとって深刻な課題になっているものの、イタリア・ファッション協会は22年の総売上高が920億ユーロ(約12兆4324億円)に達し、コロナ前のレベルまで完全に回復すると予測している。また、輸出に関しても前年比11%増の754億ユーロ(約10兆1891億円)になると推測する。
 
【ショースケジュール】(日時はすべて現地時間。変更の場合あり)

6月17日(金)
18:00 「ディースクエアード(DSQUARED2)」
19:00 「1017 アリックス9SM(1017 ALYX 9SM)」
20:00 「ファミリー ファースト(FAMILY FIRST)」
21:00 「ビリオネア(BILLOPNAIRE)」

6月18日(土)
10:30 「MSGM」
11:30 「エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)」
12:30 「ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)」
14:00 「フェンディ(FENDI)」
15:00 「ジョーダンルカ(JORDANLUCA)」
17:00 「フェデリコ・チーナ(FEDERICO CINA)」
19:00 「マルセロ・ブロン カウンティ・オブ・ミラン(MARCELO BURLON COUNTY OF MILAN)」
20:00 「ヴェルサーチェ(VERSACE)
21:00 「プレイン スポーツ(PLEIN SPORT)」

6月19日(日)
10:00 「マリアーノ(MAGLIANO)」
11:00  「サイモン クラッカー(SIMON CRACKER)」
12:00 「エトロ(ETRO)」
14:00 「プラダ(PRADA)」
17:00 「モスキーノ(MOSCHINO)」
18:00 「44 レーベル グループ(44 LABEL GROUP)」
19:00 「ジェイ ダブリュー アンダーソン(JW ANDERSON)」
20:00 「ドゥルーフ カプール(DHRUV KAPOOR)」

6月20日(月)
9:30 「ジョーワン(JOEONE)」
10:30/11:30 「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」
19:00 「ゼニア(ZEGNA)」

6月21日(火)※デジタル発表
10:00 「チルドレン・オブ・ザ・ディスコーダンス(CHILDREN OF THE DISCORDANCE)」
10:30 「チャールズ ジェフリー ラバーボーイ(CHARLES JEFFREY LOVERBOY)」
11:00 「MTLスタジオ(MTL STUDIO)」
11:30 「レヴェナント RV NT(REVENANT RV NT)」
12:00 「セルダー(SERDAR)」

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら