ファッション

伊メンズ「コルネリアーニ」が、「Z ゼニア」などを手がけてきたデザイナーを起用 ブランド再建にまい進

 イタリアのメンズブランド「コルネリアーニ(CORNELIANI)」は、イギリス出身のデザイナーのポール・サリッジ(Paul Surridge)を起用すると発表した。ポールが手掛ける初のコレクションは6月、2023年春夏ミラノ・メンズ・コレクションで発表する。サリッジは、クリストファー・ベイリー(Christopher Bailey)時代の「バーバリー(BURBERRY)」を皮切りに、「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」や「ジル サンダー(JIL SANDER)」でキャリアを積み、11~14年には「Z ゼニア(Z ZEGNA)」でクリエイティブ・ディレクターを務めた。その後は「アクネ ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」でクリエティブ・コンサルタントとして働いていた。

 サリッジが手掛けるのは、「コルネリアーニ」が20年の春夏に立ち上げた「サークル・コレクション」というラインだ。これは、ブランドのサステナブルへの取り組みを表現したもので、環境問題に敏感な若い世代をターゲットに据えているという。コルネリアーニは、「彼は才能豊かで、前衛的で、デザイナーとしての経験も長い。情熱に溢れたデザイナーだ」と評価している。

 コルネリアーニ社の株式は現在、バーレーンを拠点とするインベストコープ(INVESTCORP)社が大半を所有。コルネリアーニは昨年、インベストコープと投資会社のインヴィタリア(INVITALIA)のサポートを得て新体制を発足し、ブランドの再構築計画を発表した。これについてコルネリアーニは、「サリッジは、ブランドの重要な局面において大きな成果をあげてくれるだろう」としている。一方のサリッジは、「新たな道を探索し、ブランドの遺産とイノベーションを融合させたい。『コルネリアーニ』は、イタリアのクラフツマンシップを体現したブランド。新たなエレガンスを表現したデザインを心がけ、テーラリングをモダンなシルエットや快適な素材、落ち着いたカラーパレットで表現したい」と意欲を語った。

 「コルネリアーニ」は、日本ではアパレルメーカーの大賀が手がけている。現在の店舗は、伊勢丹新宿本店メンズ館、日本橋三越本店、東急百貨店本店、大丸うめだ本店、福屋広島駅前店、岩田屋本店。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら