ファッション

アンダーアーマーの社長兼CEOが退任へ 後任は未定、COOが暫定的に昇格

 アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)は、パトリック・フリスク(Patrik Frisk)社長兼最高経営責任者(CEO)が6月1日付で退任することを発表した。同氏は9月1日までアドバイザーとして同社に残る。後任は未定で、当面はコリン・ブラウン(Colin Browne)最高執行責任者(COO)が暫定的に社長兼CEOを務める。

 フリスク社長兼CEOは、2017年7月に社長兼COOとしてアンダーアーマーに入社。創業者であるケビン・プランク(Kevin Plank)前社長兼CEOがエグゼクティブチェアマン兼ブランドチーフに就任したことに伴い、20年1月に現職に昇格した。アンダーアーマーに加わる前は、シューズとアクセサリーをグローバルに展開するアルド・グループ(ALDO GROUP)で CEOを務めていた。それ以前は、VFコープ(VF CORP)が擁する「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」「ティンバーランド(TIMBERLAND)」「ヴァンズ(VANS)」などで要職を歴任した。

 1996年に設立されたアンダーアーマーは、2005年に米ナスダック(NASDAQ)に上場するなど急成長を遂げたものの次第に失速し、17年に赤字転落。フリスク社長兼CEOの指揮の下、人員削減、卸先の整理、調達先の変更、スポーツウエアとフットウエアへの集中などを含む5カ年の再建計画を実施し、21年12月通期の売上高は前期比27.0%増の56億8346万ドル(約7331億円)、純損益は前年の5億4917万ドル(約708億円)の赤字から3億6006万ドル(約464億円)の黒字となった。

 四半期ベースで見ると、22年1〜3月期は売上高が前年同期比3.4%増の13億ドル(約1677億円)、純損益は前年の7775万ドル(約100億円)の黒字から5961万ドル(約76億円)の赤字となっているが、フリスク社長兼CEOの退任はこうした結果によるものではなく、再建計画の終了に伴うものだとプランク=エグゼクティブチェアマン兼ブランドチーフは説明した。

 同氏は、「パトリックの揺るぎないリーダーシップのおかげで、アンダーアーマーの事業基盤をしっかりと立て直すことができた。“攻め”に転じ、次の成長戦略を実行する時が来たと考えている。パトリックの後任を社内外で検討する間は、経験豊富なコリンが暫定社長兼CEOとして当社を率いていく」と語った。

 フリスク社長兼CEOは、「アンダーアーマーで、アスリートや顧客、株主、チームメイトのために働くことができて非常に光栄だったし、チームとして成し遂げたことの数々を大変誇らしく思っている。オペレーションを改善すると同時に、このアイコニックなブランドを強化することができた。コリンはアンダーアーマーや業界を深く理解しているので、シームレスに移行できるものと確信している」と述べた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら