ファッション

繊維商社の豊島が「DX認定事業者」に 経産省から取得

 繊維商社の豊島はこのほど、経済産業省から「DX認定事業者」の認定を受けた。これは経産省が定めたDX実現に向けたビジョンの策定や戦略、体制の整備などDX推進の準備が整っている企業を認定するもの。5月時点では資生堂やエイチ・ツー・オーリテイリングなど、394社が認定を受けている。

 豊島は、ファッションテック関連のスタートアップ企業にCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)を通じて積極的に投資を行っているほか、3DCADを使ったOEM(相手先ブランド生産)・ODM(相手先ブランドの企画生産)のDXサービス「プロック(PROCK)」など、自社だけでなく、アパレルのサプライチェーン関連のDXを積極的に進めている。同社は年間1億枚近くのアパレル生産に関わっているが、OEM・ODMのサンプル提案段階ではすでに20〜30%が3Dを使ったバーチャルサンプルに置き換わっているという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら