ビューティ

原宿「ハラカド」に出店するビューティブランド全8店舗を公開

東急不動産は複合施設「東急プラザ原宿『ハラカド』」を4月9日、関係者に公開した。17日に開業する「ハラカド」には路面店に「ジョー マローン ロンドン(JO MALONE LONDON)」が最大級の旗艦店をオープンするほか、地下にはコーセーが直営店「メゾン コーセー(MAISON KOSE)」(夏オープン)や老舗銭湯の小杉湯に花王などがパートナー企業として参画する。ビューティ関連店舗8店舗を紹介する。

路面店:「ジョー マローン ロンドン」が最大級旗艦店

「ジョー マローン ロンドン」


「ジョー マローン ロンドン」がブランド最大級の店舗をオープンする。明治神宮前駅4番出口を出てすぐ左側のロケーションで、特徴は遊び心のある店内。香りを体験できるサービスやパーソナライゼーションサービスの提供だ。同店限定で、梨の柔らかな花びらやみずみずしい果実のライトフローラルの香り“ナシ ブロッサム コロン”を販売する。

地下1階:コーセー直営店や小杉湯×ビューティ企業のタッグ

「メゾン コーセー」(夏オープン予定)

コーセーの直営店「メゾンコーセー」が今夏にオープンする。近隣の表参道店に続く3店舗目。「コスメデコルテ(DECORTE)」や「アディクション(ADDICTION)」などハイプレステージブランドを取り扱い、店内ではジェンダーレスで楽しめるデジタル技術を活用した"ビューティアトラクション"を用意する。

「小杉湯 原宿」「チカイチ」

昭和8年に創業した高円寺の老舗銭湯「小杉湯」が銭湯を営業する。「銭湯を中心した街」をコンセプトに、湯上がり体験を提供する「チカイチ」を併設。花王やボディーケアブランド「マイトレックス(MYTREX)」を運営する創通メディカル、アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)」を運営するドーム、サッポロビールがパートナー企業として参画する。

花王は「小杉湯」のコンセプト「素のまま」に合わせて、企業の原点である“花王石鹸”(現:花王ホワイト)を販売する。創業当時の広告を展示するなど、100年続く企業の理念を伝えていく。「マイトレックス」は美顔器、ヘッドスパ、ハンディーがんなどの美容健康家電を試すことができるスペースを用意し、リラックス体験を提供する。

1階:日本発CBDブランドが出店

「ヘルシートーキョー シービーディー ショップ アンド ラボ」

メードインジャパンのCBDブランド「ヘルシートーキョー シービーディー ショップ アンド ラボ(HEALTHYTOKYO CBD SHOP &LABO)」がスキンケア化粧品やCBDオイル、グミ、ビーガンスイーツを展開する。

2階:香りやオーガニックまでこだわりの3店舗

「ユブネ」

「命の洗濯」をコンセプトに掲げ、フレグランスやヘア&ボディーケア商品を扱うビューティブランド「ユブネ(YUBUNE)」が出店する。明治神宮に生息する蛍から着想した「ハラカド」限定の香水“HOTARU(蛍) パルファン”(30mL、1万3200円/75mL、2万2000円)を発売する。また、ボトルに名前やメッセージを刻印するサービスや、その場でスタッフがギフトボックスにペイントするサービスなどを用意する。

「ユブネ」を立ち上げた渡邊寛ネセサリー代表取締役は、ブランド立ち上げ当初にニューヨークへ出店のも計画していたことを明かし、「外国人観光客の多い原宿で、日本発の香りの魅力を伝えたい」と話した。竹や蛍をイメージした和の香りを丁寧に紹介するため、東急不動産と協力し実験的に翻訳システムを導入していく。

「オーガニックマザーライフ」

国産オーガニック・エシカル化粧品の専門店「オーガニックマザーライフ(ORGANIC MOTHER LIFE)」が6店舗目を出店。坂田まこと・オーガニックマザーライフ社長が出産を経験して生まれた悩みをきっかけに化粧品ブランドをスタートし、エステサロンやスクールを運営する。宮崎に自社工場を構え、自然療法士の坂田社長が処方やパッケージデザインも手掛ける。「ハラカド」の店舗では全100SKUを超える商品の中から、人気の日焼けケア美容液“サンスキンセラム”(60mL、5500円)やデリケートゾーンのスキンケア、産業廃棄予定だった植物エキスを使用したオイル、ハーブティーなど幅広く展開する。

坂田社長は「これまで40〜50代がターゲットであったオーガニック市場も変化している。社会・環境意識の高い若い人や、外国の人にも日本のオーガニックコスメを知ってもらう機会にしたい」と情報発信地とする意欲を見せた。

「ショーレイヤード」

セントネーションズが展開するフレグランスブランド「ショーレイヤード(SHOLAYERED)」の直営店がオープンする。石坂将セントネーションズ代表取締役がプロデュースし、香りのレイヤードを提案する。石坂代表の父の誕生年を掲げた“1945”シリーズはオブジェとしても楽しめるデザイン。他店舗でも人気という香水のガチャガチャは1回600円で5mLの香水がランダムで購入できる。店内ではボトルキャップ、香り、レザーラベルを自由にカスタマイズできるフレグランスデザインサービスを提供する。神宮前交差点の向かいの東急プラザ表参道(オモカド)にも出店しており、2店舗で発信力を高める。

G階:ヘアサロン「ピーク・ア・ブー」

「ピーク・ア・ブー」(5月オープン)

都内10店舗目となるヘアサロン「ピーク・ア・ブー(PEEK-A-BOO)」が5月にオープンする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。