ファッション

「ステラ」、キノコの菌糸体から作ったバッグを7月に発売

 「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」は、キノコ類の菌糸体(マイセリウム)から作られた人工レザーを用いたバッグ“フレイム マイロ(FRAYME MYLO)”を、7月に発売する。日本では、ステラ マッカートニー青山店をはじめとする一部店舗で限定販売する予定。価格は税込38万7200円。

 2022年春夏コレクションで登場した“フレイム マイロ”は、特殊な素材を扱うための訓練を受けたイタリアの職人が手作業で製作した。“ファラベラ(FALABELLA)”トートに着想を得たデザインで、オーバーサイズのチェーンには、リサイクル可能なアルミニウムを採用している。今回は1〜100のシリアルナンバーを入れ、限定品として販売する。なお、“フレイム マイロ”は「キノコこそがファッション(Fashion Fungi)」と題したサマーキャンペーンの一環として展開する。

 「ステラ マッカートニー」は17年から、米国・カリフォルニアを拠点にするバイオテクノロジー企業のボルトスレッズ(BOLT THREADS)と提携し、「マイロ」素材の開発を進めてきた。ステラは、「“マッシュルームハンドバッグ”が販売されるのは世界で初めてのことで、ボルトスレッズとのパートナーシップだけでなく、ビーガン素材のイノベーションにとっても重要なマイルストーンになる」と語った。23年以降のコレクションでは、さらに多くのカラーの「マイロ」素材のバッグが登場する予定。

 また、ダン・ウィドマイヤー(Dan Widmaier)=ボルトスレッズ共同創業者兼最高経営責任者は、「『ステラ マッカートニー』は、アニマルフリーファッションを牽引するリーダーとして、より責任のあるファッション業界の道を切り開こうとしている。『マイロ』を使用した初のラグジュアリーバッグを市場に送り出したことは、倫理的な消費者、バイオ素材業界、そしてラグジュアリーファッションの未来にとって重要な一歩になる」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

読者人気ナンバーワンに輝いたのは? 「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」結果発表!

「WWDJAPAN」6月27日号の特集は、「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」。編集部員が展示会を回って撮影・セレクトした、ファッションビルやSC、百貨店、セレクトショップなどを販路とする総勢32ブランドの新作ルックをウェブで公開し、ユーザーからの投票を募りました。

詳細/購入はこちら