ファッション

「ステラ」、キノコの菌糸体から作ったバッグを7月に発売

 「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」は、キノコ類の菌糸体(マイセリウム)から作られた人工レザーを用いたバッグ“フレイム マイロ(FRAYME MYLO)”を、7月に発売する。日本では、ステラ マッカートニー青山店をはじめとする一部店舗で限定販売する予定。価格は税込38万7200円。

 2022年春夏コレクションで登場した“フレイム マイロ”は、特殊な素材を扱うための訓練を受けたイタリアの職人が手作業で製作した。“ファラベラ(FALABELLA)”トートに着想を得たデザインで、オーバーサイズのチェーンには、リサイクル可能なアルミニウムを採用している。今回は1〜100のシリアルナンバーを入れ、限定品として販売する。なお、“フレイム マイロ”は「キノコこそがファッション(Fashion Fungi)」と題したサマーキャンペーンの一環として展開する。

 「ステラ マッカートニー」は17年から、米国・カリフォルニアを拠点にするバイオテクノロジー企業のボルトスレッズ(BOLT THREADS)と提携し、「マイロ」素材の開発を進めてきた。ステラは、「“マッシュルームハンドバッグ”が販売されるのは世界で初めてのことで、ボルトスレッズとのパートナーシップだけでなく、ビーガン素材のイノベーションにとっても重要なマイルストーンになる」と語った。23年以降のコレクションでは、さらに多くのカラーの「マイロ」素材のバッグが登場する予定。

 また、ダン・ウィドマイヤー(Dan Widmaier)=ボルトスレッズ共同創業者兼最高経営責任者は、「『ステラ マッカートニー』は、アニマルフリーファッションを牽引するリーダーとして、より責任のあるファッション業界の道を切り開こうとしている。『マイロ』を使用した初のラグジュアリーバッグを市場に送り出したことは、倫理的な消費者、バイオ素材業界、そしてラグジュアリーファッションの未来にとって重要な一歩になる」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

コロナ明けで新展開、スキー&スノーボード市場 雪山愛好者、藤原ヒロシインタビューも

12月4日発売の「WWDJAPAN」は、スノースポーツ市場特集です。暖冬予報は出ていますが、各地のスキー場から続々とオープンのニュースが届く季節になりました。コロナが落ち着き、雪を求めて日本にやってくる海外観光客が今冬は激増しそうです。また、コロナ禍以降のアウトドア意識の高まりで、スキーやスノーボードを再開したり、新しく始めたりする国内客も増加。自然をより濃密に体験する手段として、バックカントリー…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。