ファッション

【サステナ対談】「ダブレット」×マッシュルームレザー開発者 キノコはレザーの代わりになれるか

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」は11月24日、オンラインイベント「WWDJAPAN SUSTAINABILITY SUMMIT2021」を開いた。今年は「近未来のファッション」をテーマに国内外から9人が集まり議論を交わした。セッション1ではレザーの代替品として注目を集める、キノコの菌糸体由来のマッシュルームレザーの可能性について。レザーの代わりになり得るのか。マッシュルームレザーを開発・販売するインドネシアのスタートアップ企業マイコテック・ラボ(MYCL / MYCOTECH LAB)のロナルディアス・ハータンチョ(Ronaldiaz Hartantyo)共同創業者兼チーフイノベーションオフィサーとそのマッシュルームレザーを用いてコレクションを作成した井野将之「ダブレット(DOUBLET)」デザイナーが語った。

向千鶴WWDJAPAN編集統括兼サステナビリティ・ディレクター(以下、向):今最も注目を集める素材と言っても過言ではないマッシュルームレザー。エルメス(HERMES)、ケリング(KERING)、アディダス(ADIDAS)、ステラ・マッカートニー(STELLA McCARTNEY)といった有力企業がこぞって新興企業と開発を進めています。マッシュルームレザーだけでなく、サステナビリティを実現するさまざまな技術が今、実装段階に入っていますが、セッション1ではまさに実装している2人をお迎えしました。

 早速、パリ・メンズコレクションの公式スケジュールの6月27日、東京で開催された「ダブレット」の22年春夏コレクションを井野さんに解説いただきたいと思います。

井野将之「ダブレット」デザイナー(以下、井野):三鷹にある、その名もオーガニック農園という場所で開催しました。パリに行ける状況ではなかったのでデジタルでパリファッションウイークに参加しました。

向:バナナの茎を再生した糸で編んだ服やマッシュルームレザーを用いたライダースジャケットなど印象的な素材が多かったです。テーマを教えてください。

この続きを読むには…
残り5171⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら