ファッション

「ロベルト カヴァリ」がファウスト・プリージによる初のクチュールを発表 カンヌ国際映画祭で本格披露

 「ロベルト カヴァリ(ROBERTO CAVALLI)」は、2020年10月に就任したファウスト・プリージ(Fausto Puglisi)=クリエイティブ・コンサルタントが手掛ける初のクチュール・カプセルコレクションを発表した。まず、5月17日には5ルックの写真を先行公開。他のルックは、同28日まで開催中のカンヌ国際映画祭でレッドカーペットを歩くセレブリティーが着用し、披露されるようだ。

 同コレクションでは、ブランドのシグネチャーである大胆で官能的な女性らしさを、プリージのモダンで折衷的な視点を通して再解釈。レースやシルクシフォンといった透け感のある素材や複雑なカットアウト、スパンコールやラインストーンを用いたぜいたくな刺しゅう、象徴的なアニマルプリントをふんだんに取り入れ、職人技が光るグラマラスなイブニングガウンやミニドレスを提案する。

 かつてロサンゼルスを拠点にしていたイタリア・シチリア出身のプリージは、映画業界や音楽業界とのつながりが深い。その強みを生かし、現職就任以降、「ロベルト カヴァリ」の知名度とセレブ御用達ブランドという地位を取り戻すことに成功している。例えば、最近ではミュージシャンのドジャ・キャット(Doja Cat)やアニッタ(Anitta)、メーガン・ジー・スタリオン(Megan Thee Stallion)らがコーチェラやグラミー賞でカスタマイズされたコレクションルックを着用。ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)やシアラ(Ciara)、リリー・ジェームス(Lily James)、ナオミ・スコット(Naomi Scott)、ハレ・ベイリー(Halle Bailey)も同ブランドのルックでステージやレッドカーペットに登場している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。