ビューティ

ファーフェッチ、ビューティ市場に本格参入 傘下の「オフ-ホワイト」はフレグランスを発売

 ラグジュアリーECのファーフェッチ(FARFETCH)は4月20日、50以上の高級ビューティブランドの取り扱いを開始した。スキンケア、メイク、ヘア、フレグランス、バス&ボディの5つのカテゴリーで構成されており、いずれは100以上のプレステージブランドをそろえる予定だという。現在は米国、英国、欧州市場が対象となっており、日本での展開時期は未定。

 現時点で取り扱っているブランドは、「シャネル(CHANEL)」「クレ・ド・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE)」「グッチ(GUCCI)」「ドゥ・ラ・メール(DE LA MER)」「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」「プラダ(PRADA)」「シスレー(SISLEY)」「トム フォード ビューティ(TOM FORD BEAUTY)」「イヴ・サンローラン・ボーテ(YVES SAINT LAURENT BEAUTE)」「バーバリー ビューティ(BURBERRY BEAUTY)」「イソップ(AESOP)」「フレデリック マル(FREDERIC MALLE)」「オラプレックス(OLAPLEX)」「アールエムエス ビューティー(RMS BEAUTY)」「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH以下、オフ-ホワイト)」など。

 「オフ-ホワイト」は、同ブランド初となるビューティライン“ペーパーワーク(PAPERWORK)”の第1弾として、フレグランスを同日に発売した。ファーフェッチが「オフ-ホワイト」の親会社であるニューガーズグループ(NEW GUARDS GROUP以下、NGG)を擁していることから、同ブランドの店舗とオンラインストア以外ではファーフェッチのみでの取り扱いとなっている。香りは“ソリューション No. 1(SOLUTION No. 1)”から“ソリューション No. 4(SOLUTION No. 4)”まで4種類あり、いずれもジェンダーニュートラルで、自己表現の幅をさらに広げるようなイメージで調香されているという。価格は100mLで185ドル(約2万3000円)。なお、「オフ-ホワイト」は18年にフレグランスブランド「バイレード(BYREDO)」とのコラボレーションで香水を発表している。

 “ペーパーワーク”は、フレグランスのほかにも、顔やボディーに使用できるクレヨン“インプリント(IMPRINT)”や、ネイルポリッシュ“カラーマッター(COLOR MATTER)”などを近日中に発売する予定だ。

 ファーフェッチのホリー・ロジャース(Holli Rogers)=チーフ・ブランド・オフィサーは、「当社のビューティ事業はファッション事業よりも小規模ではあるが、今後さらに成長していくだろう。われわれは幅広い層の顧客を抱えており、ビューティへの参入によって新規顧客が大幅に増えると見込んでいる」と語ったものの、売り上げ目標などは明らかにしなかった。なお、同社の2021年12月通期における流通取引総額(GMV)は42億ドル(約5376億円)に達し、19年の倍の規模に成長している。

 ビューティは3000億ドル(約38兆4000億円)からなるパーソナルラグジュアリーグッズ市場の大きなシェアを占め、ファーフェッチは同市場をさらに開拓していく狙いだ。施策の一つとして、ウェブサイトのデジタル技術をさらに強化し、バーチャルでメイクアップを試せるようにする。まずはリップから提供し、将来的にはファンデーションなどにも広げていく予定。また、ゲーミングプラットフォーム「ロブロックス(ROBLOX)」などとの提携により、コンテンツクリエイターが自身のビューティアバターを作成できるようになるという。

 ファーフェッチは、ビューティ市場への本格的な参入に先駆け、22年2月にビューティECのヴァイオレット グレー(VIOLET GREY)を買収した。ヴァイオレット グレーは独立して経営を続けており、カサンドラ・グレー(Cassandra Grey)創業者はファーフェッチのビューティのグローバルアドバイザーに就任したほか、NGGのビューティ事業であるNGGビューティ(NGG BEAUTY)の共同創設者となっている。ファーフェッチはまた、「コミュニティーを育て、啓発し、インスパイアする」ため、“グローバル・ビューティ・コレクティブ(Global Beauty Collective)”を設立。グレー創業者をはじめ、メイクアップアーティストやヘアスタイリスト、皮膚科医、化粧品化学者、俳優、ドラァグクイーンら8人が創設メンバーとなっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら