ビューティ

ファーフェッチがビューティECのヴァイオレット グレーを買収

 ラグジュアリーECのファーフェッチ(FARFETCH)がビューティECのヴァイオレット グレー(VIOLET GREY)を買収する。買収額は非公表。今年中にローンチ予定のビューティ事業に先駆けての買収だ。ヴァイオレット グレーは独立して経営するほか、カサンドラ・グレー(Cassandra Grey)創業者は今後ファーフェッチのビューティのグローバルアドバイザーに就任し、ファーフェッチの子会社であるニューガーズグループ(NEW GUARDS GROUP)のビューティ事業、NGGビューティ(NGG BEAUTY)の共同創設者になる。

 ヴァイオレット グレーは2013年にカサンドラがスタート。元々はハリウッドのスタイリストやメイクアップアーティストなどが本気ですすめるビューティ製品を紹介するブログ「ザ ヴァイオレット ファイルズ(The Violet Files)」から派生した。「アウグスティヌス バーダー(AUGUSTINUS BADER)」や「ヴィントナーズ ドーター(VITNER'S DAUGHTER)」といったニッチなブランドをはやらせたほか、国内外のラグジュアリーブランドを多く販売し、ビューティ感度が高い層から支持を集めてきた。18年には資生堂が出資をし、話題となった。現在ECサイトに加え、ロサンゼルスに路面店を1店舗構える。

 ビューティは3000億ドル(約34兆5000億円)からなるパーソナルラグジュアリーグッズ市場の大きなシェアを占め、今後ファーフェッチは同市場を開拓していく狙いだ。ステファニー・フェア(Stephanie Phair)=ファーフェッチ チーフ・カスタマー・オフィサー(CCO)は「消費者は自由に個性を表現するために、自分自身で(ファッション)ブランドを選びたがっている。ビューティでも同様で、ファーフェッチは(さまざまなブランドを集めることにより)それを提供できる場だ」と話す。15年に買収したファッションセレクトショップのブラウンズ(BROWNS)同様に、今後ヴァイオレット グレーにはファーフェッチ独自のデジタルのノウハウを注ぐ。ブランドと消費者をつなぐテクノロジーをフルに活用する予定だ。「ブランド側も卸からD2Cにシフトしつつある中、われわれのプラットフォームはその機会をビューティブランドに提供できる」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら