ビューティ

P&Gがスーパーフードを配合した米スキンケアライン「トゥラ」を買収

 プロクター・アンド・ギャンブル(PROCTER & GAMBLE 以下、P&G)は米国発プレステージスキンケアブランド「トゥラ スキンケア(TULA SKINCARE)」を買収する。スーパーフードやプロバイオティクスを配合したスキンケアラインで、消化器専門医のロシニ・ラジ(Roshini Raj)、「ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN)」を共同創業したケン・ランディス(Ken Landis)、テック系の実業家のダン・ライヒ(Dan Reich)が2014年に立ち上げた。取引額は非公表。P&Gにとって、直近2カ月で3度目の買収案件だ。

 「トゥラ スキンケア」は立ち上げ直後から急速に伸び、現在ウルタ(ULTA)で最も成長しているプレステージブランドの一つだ。トレンドになる前からプロバイオティクスを化粧品に配合し、ビューティとウエルネスを掛け合わせたコンセプトで人気を集めてきた。また広告ビジュアルはレタッチをしないことを掲げるなど、“ポジティブ”なビューティブランドとしても支持されている。これはダイバーシティーやインクルージョンをうたうP&Gの「リスポンシブル ビューティ プラットフォーム(RESPONSIBLE BEAUTY PLATFORM)」の価値観と共通しており、マーカス・ストローベル(Markus Strobel)=P&Gグローバルスキン&パーソナルケア・プレジデントは「ホリスティックなウエルネスと肌の健康を追求し、内外ビューティをうたうコンセプトはとても魅力的に感じた」とコメント。スキンケア製品が主軸だが、ボディーケアやメイクアップ、インナービューティ商材もそろえる。D2Cブランドとしても成長し、売り上げの約半分はD2Cチャネルからなる。顧客層の75%が35歳以下で、ミレニアル世代が中心だ。現在グローバル展開を進めており、昨年8月にはカナダのセフォラ(SEPHORA)に進出した。

 P&Gは昨年11月にナチュラル系のプレステージスキンケアブランド「ファマシー(FARMACY)」を、12月にはセレブヘアスタイリストが手掛けるプレステージヘアケアブランド「ウェイ(OUAI)」を傘下に収めた。そのほかプレステージスキンケアブランド「SK-II」と「ファースト エイド ビューティ(FIRST AID BEAUTY)」を擁しており、近年プレステージブランドのポートフォリオを拡充している。ロレアル(L'OREAL)やエスティ ローダー カンパニーズ(ESTEE LAUDER COMPANIES)といった競合大手に迫る勢いだ。ストローベル=プレジデントは「プレステージビューティ市場は2ケタ伸長しており、われわれも戦略的なチャネルと捉えている。われわれが強みとするスキンケア、ヘアケア、パーソナルケア分野において、効果実感が高いブランドを傘下に迎え入れている」と話す。

 「トゥラ スキンケア」の2021年の売り上げは1億5000万ドル(約172億円)にのぼるとされ、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)系列の投資会社、Lキャタルトン(L CATTERTON)が出資している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら