ビューティ

P&Gが「ウェイ」の買収でプレステージヘアケア市場に進出 カーダシアン一家のヘアスタイリストが設立

 プロクター・アンド・ギャンブル(PROCTER & GAMBLE 以下、P&G)はセレブリティヘアスタイリストのジェン・アトキン(Jen Atkin)が手掛けるヘアケアブランド「ウェイ(OUAI)」を買収する。取引額は非公表。業界筋は同ブランドの2021年の売り上げは5000万ドル(約56億円)、22年は8000万ドル(約90億円)を上回ると予測している。今回の買収により、P&Gは近年拡大し続けるプレステージヘアケア市場に進出することになる。

 アトキンは2016年に「ウェイ」を立ち上げ、製品はミニマリスティックなデザインと上品な香りで人気を集め、現在はヘアケアに加えキャンドルやフレグランスも展開している。インスタグラムで420万のフォロワーを抱える彼女は、SNSでのコミュニケーションを軸にブランドを成長させてきた。カーダシアン・ジェンナー(Kardashian-Jenners)一家やベラ・ハディッド(Bella Hadid)、ヘイリー・ビーバー(Hailey Bieber)をはじめとする数多くのセレブリティーのヘアスタイリストとしても知られている。

 同ブランドはP&G傘下になり、今後は新製品をローンチしつつ、新しい地域への進出も狙う。一方のP&Gにとっても、米国で急伸するプレステージヘアケア市場への進出を可能にする。調査会社のNPDグループ(NPD GROUP)によると、同市場の7〜9月の売り上げは前年同期比36%増の6億2000万ドル(約700億円)を記録したという。

 P&Gは近年プレステージビューティに注力しており、先日はプレステージスキンケアブランド「ファーマシー(FARMACY)」の買収を発表したばかりだ。同社のアレックス・キース(Alex Keith)=ビューティ部門最高経営責任者は「ブランドポートフォリオを見直す中で、プレステージスキンケア・ヘアケアは大きな成長のポテンシャルを持っている。消費者はプレステージビューティへの関心が高まっており、われわれはこれまでプレステージヘアケアのブランドを擁していなかった」と買収の経緯について語る。

 近年買収している他ブランド同様に、「ウェイ」は独立して経営する予定で、アトキンは引き続き創業者兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーを、コリン・ウォルシュ(Colin Walsh)はCEO職を継続する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら