ビューティ

P&Gが「ウェイ」の買収でプレステージヘアケア市場に進出 カーダシアン一家のヘアスタイリストが設立

 プロクター・アンド・ギャンブル(PROCTER & GAMBLE 以下、P&G)はセレブリティヘアスタイリストのジェン・アトキン(Jen Atkin)が手掛けるヘアケアブランド「ウェイ(OUAI)」を買収する。取引額は非公表。業界筋は同ブランドの2021年の売り上げは5000万ドル(約56億円)、22年は8000万ドル(約90億円)を上回ると予測している。今回の買収により、P&Gは近年拡大し続けるプレステージヘアケア市場に進出することになる。

 アトキンは2016年に「ウェイ」を立ち上げ、製品はミニマリスティックなデザインと上品な香りで人気を集め、現在はヘアケアに加えキャンドルやフレグランスも展開している。インスタグラムで420万のフォロワーを抱える彼女は、SNSでのコミュニケーションを軸にブランドを成長させてきた。カーダシアン・ジェンナー(Kardashian-Jenners)一家やベラ・ハディッド(Bella Hadid)、ヘイリー・ビーバー(Hailey Bieber)をはじめとする数多くのセレブリティーのヘアスタイリストとしても知られている。

 同ブランドはP&G傘下になり、今後は新製品をローンチしつつ、新しい地域への進出も狙う。一方のP&Gにとっても、米国で急伸するプレステージヘアケア市場への進出を可能にする。調査会社のNPDグループ(NPD GROUP)によると、同市場の7〜9月の売り上げは前年同期比36%増の6億2000万ドル(約700億円)を記録したという。

 P&Gは近年プレステージビューティに注力しており、先日はプレステージスキンケアブランド「ファーマシー(FARMACY)」の買収を発表したばかりだ。同社のアレックス・キース(Alex Keith)=ビューティ部門最高経営責任者は「ブランドポートフォリオを見直す中で、プレステージスキンケア・ヘアケアは大きな成長のポテンシャルを持っている。消費者はプレステージビューティへの関心が高まっており、われわれはこれまでプレステージヘアケアのブランドを擁していなかった」と買収の経緯について語る。

 近年買収している他ブランド同様に、「ウェイ」は独立して経営する予定で、アトキンは引き続き創業者兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーを、コリン・ウォルシュ(Colin Walsh)はCEO職を継続する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。