ビューティ

宮永えいとの「レタッチ」から新作グリース ワックスとジェルのいいとこ取り

 宮永えいとがプロデュースする身だしなみブランド「レタッチ(RETOUCH)」は、新作のグリース(税込2530円)を発売した。公式ECサイトやアットコスメ トーキョー(@COSME TOKYO)などで扱う。

 グリースは、ワックスのセット力とジェルのツヤ感を融合した仕上がりが特徴で、アップバングからショート、パーマなど幅広いメンズヘアに対応する。伸びのいい質感で髪になじみやすく、固まりすぎないため再整髪もできる。水溶性のため洗い落としもしやすい。香りは、さわやかなアクアノートを採用した。

 「レタッチ」は、ユーチューブを中心に“大人男子の身だしなみ”を発信する宮永が今年1月にスタートした。これまでにBBクリームとリップクリーム、ヘアバームを発売してきた。同ブランドを運営し、宮永が代表を務めるCiiKは、9月に第三者割当増資で3000万円を調達した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら