ビューティ

ローソン店舗初の日用品量り売り開始 対象は「エコストア」と松山油脂の「リーフ&ボタニクス」

 コンビニ大手のローソンはこのほど、ローソン店舗初となる洗剤やシャンプーなど日用品の量り売りを「ローソン千駄木不忍通店」で開始した。プラスチック削減に向けた取り組みの一環で、ニュージーランドの自然派洗剤ブランド「エコストア(ECOSTORE)」の4種(洗濯洗剤、デリケート洗剤、柔軟剤、食器用洗剤)と松山油脂のウオッシュ&ケアブランド「リーフ&ボタニクス(LEAF&BOTANICS)」の4種(シャンプー、コンディショナー、ハンドソープ、ボディーソープ)が対象。今後、ローソンでの取り扱い店舗やカテゴリーの拡大を検討する。

 ローソンは2020年8月から都内のナチュラルローソンで量り売りを開始し、現在は都内9店舗で実施している。そのうち5店舗では、日用品に加えてドライフルーツやナッツなどの食品も展開する。同社によると、量り売りを実施するナチュラルローソンでは、プラスチック容器での販売と比較し、約79%のプラスチック使用量の削減につながっている(21年10月実績)。購入層は約8割が女性で、中でも40~50代の女性から支持を得ており、食品では30代の男性客もいるという。

 同社は30年までに17年度比で、容器包装プラスチック使用量を30%削減することを目標に掲げており、マチカフェの飲料製品の一部を紙コップに変更したほか、紙パック入りのミネラルウオーターの販売などプラスチックの削減に取り組んでいる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら