ビューティ

宮永えいとの「レタッチ」新作はヘアバーム “大人男子”の髪にツヤとうるおいを

 ユーチューブでメンズの身だしなみ情報を発信する宮永えいとは、自身がプロデュースするブランド「レタッチ(RETOUCH)」の新作ヘアバーム(税込2530円)を発売した。柔らかなセット力を備えたブランド初のヘアスタイリングアイテムで、センターパートやマッシュ、パーマなど幅広いメンズスタイルに対応する。公式オンラインストアをはじめ、伊勢丹新宿本店メンズ館やそごう横浜店、アットコスメ トーキョー(@COSME TOKYO)などで扱う。

 同ヘアバームは、ミツロウやホホバ種子オイル、ユズのエキスなど、全体の約80%を美容成分で構成。伸びがよくなじみやすい質感で、髪に自然なツヤと毛流れを与えるほか、ハンドクリームやリップクリームとしても使用できる。爽やかなハッカ精油の香りと、マットなブラックで統一したミニマルなパッケージも魅力だ。

 「レタッチ」は今年1月に始動し、第1弾としてBBクリームとリップクリームをリリース。新宿伊勢丹本店メンズ館では入荷から数日で完売するほど話題となった。

 宮永は1990年生まれ、東京都出身。都内のヘアサロンで店長を務めた後、2018年に独立。フリーランス美容師としてサロンワークを続け、18年末にユーチューブチャンネルを開設する。“大人男子ラボ”としてスキンケアやメイク、ヘアなどの情報を発信し、チャンネル登録者数は13万を超える。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら