ビューティ

そごう横浜店が紳士フロアをリニューアル コスメ関連スペースを約6倍に増床

 そごう横浜店は、コロナ禍による生活様式の変化に対応するため、5階の紳士フロアのリニューアルを実施。新たに“メンズライフスタイルゾーン”をオープンした。

 中でも注目はコスメで、改装前は約25㎡だったコスメ関連スペースを、6倍となる約150㎡に増床。デイリーな男の身だしなみを提案する“メンズビューティーゾーン”として、30ブランド以上の豊富なラインアップをそろえた。

 新規導入ブランドは「アッカカッパ(ACCA KAPPA)」「ウォーペイント(WAR PAINT.)」「コスメキッチン」「トム フォード ビューティ(TOM FORD BEAUTY)」「パルル モア ドゥ パルファム(PARLE MOI DE PARFUM)」「ファイブイズム バイ スリー(FIVEISM×THREE)」「モルトンブラウン(MOLTON BROWN)」のほか、男性向け美容通販サイト“ドレスキン”など。「ラインアップが豊富なため何を選べばよいか分からない」というお客のため、専門
販売員が商品選びをサポートする。

 3月5日には同フロアにバーバーもオープン。基本の理容メニューに加え、ヘッドスパやフェイシャルマッサージ、さらにはネイルケアやレディースシェービングまで提供する予定だ。

 リニューアルの動機について、そごう・西武の坂井岳リーシング本部 リーシング一部 ファッション担当は「オンライン会議の増加で自分の顔を見る機会が増えたことで、男性用コスメのニーズが拡大している。この動きを受けて、モニターに映る胸から上を中心とした顔周りの身だしなみを提案する売り場の必要性を感じた」と話す。

 “メンズビューティーゾーン”では、コスメ売り場に隣接して金子眼鏡店やワイシャツ売り場を配置。“モニターに映る胸から上を中心とした顔周りの身だしなみを提案する”というコンセプトを明確に打ち出している。

 なお“メンズビューティーゾーン”以外では、「コロナ禍でも好調」(坂井氏)というゴルフウエアや、タウンユースできるアウトドアファッションを集積した売り場を設置。密集や密接を避けられるシーンでの楽しみ方を提案することで、コロナ禍で変化した男性の生活様式をサポートする。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら