ファッション

春夏ニットはクロシェ編みに注目 抜け感のある軽やかな着こなしに【22年春夏トレンド】

 クロシェ編み(かぎ針編み)の装いが盛り上がってきました。以前は秋冬が主な出番でしたが、最近はゆるく編んだニットが春夏でも人気に。クロシェ編み以外にも、やさしげな表情のニットウエアが相次いで提案されています。手仕事感やナチュラルなムードがこなれたスタイリングに導いてくれるところがニットウエアのよさ。表情豊かなので、薄着になるシーズンにも頼りになります。

 たとえば「アナ スイ(ANNA SUI)」は、70年代を思わせるラブ&ピースなフラワーモチーフでニットキャミソールを華やかに仕上げました。ニット帽とバッグにも同じ柄を生かして、全身でポジティブなムードを演出。ニット特有のふんわりした風合いが装い全体にほっこりした雰囲気を添えて、平穏や安心感を望む今の気分を醸し出しています。今回は、ニットの新ルックをご紹介します。

きれいめニットワンピは手仕事技がアクセント

 

 ストレスフリーで着られるニット仕立てのワンピースが、一段と支持を広げています。手仕事の編み地を組み入れると表情が深くなり、カラーだとアクセントも加わります。

 「クロエ(CHLOE)」のワンピースは、白をベースにレインボーカラーを腰回りにあしらい、ノーブル×チアフルな装いに仕上げました。ウエストのカラーがくびれ効果も発揮。長く垂れたフリンジ風のカラー糸が、ヒッピーライクな気分も演出しています。クラッチバッグもカラフルなニットで編み上げ、視線を引きつけています。

手編みのブラトップでヘルシーな肌見せ

 ニットをトップスやボトムス以外でまとう提案も増えてきました。ゆるめの編み地を生かせば、程よい肌見せにも効果的。サマールックへの活用も広がりそうです。

 「エトロ(ETRO)」は、ニットのブラトップをキーピースに据えました。不ぞろいのゆったりとした編み地に、ハンドクラフトの技が光ります。ヌーディーな演出もゆるめの編み地ならヘルシーな印象に。膝周りにバンダナモチーフを配したデニムパンツと合わせて、70年代調のムードに整えました。ブラトップの上にライトアウターを羽織ったり、Tシャツの上にブラトップを重ねたりといった、夏のレイヤードファッションにも生かせそうです。

マルチカラーが朗らかに映るのは手編みならでは

 手編みニット特有のやさしげな風合いは、はっきりした色もソフトに落ち着かせてくれます。カラフルな装いをチャーミングに着こなすという点でも、参考になります。

 「ポール&ジョー(PAUL & JOE)」は、ミニ丈のオールインワンをマルチカラーで彩りました。ポジティブな色合いと朗らかな表情の手編みニットが、絶妙のマリアージュ。目が詰まっていない編み地が、リラクシングな雰囲気も添えています。カラフルな色を穏やかに着こなしたい場合は、このようなクロシェ編みを選ぶのが正解。足元はブーツで引き締めました。

編み目の変化でワントーン・ルックに動きをプラス

 凝った編み模様は、薄着になる春夏の装いを華やかに見せてくれます。体の美しい曲線美やめりはりを引き立てる効果もあり、ワントーン・ルックでも動きを盛り込めます。

 「ヌメロ ヴェントゥーノ(N°21)」は、白で統一したニットアップを提案しました。ショート丈のトップスにミニスカートという、どちらもコンパクトなコンビネーション。部分ごとに編み方を変えたニットがサマールックに味わいを添え、キュートでありつつ、丁寧なクラフトワークも感じさせる装いに仕上げました。

 柔らかい質感にレトロテイストやほっこりしたムード、包み込まれるような安心感が加わるのは、手編みニットならでは。締め付けられない着心地は、伸びやかにおしゃれを楽しみたい春夏シーズンにぴったりです。今季の着こなしに取り入れてみてはいかがでしょう。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら