ファッション

ジャケットをワンピース風に着る”ジャケワン”がヒットの兆し!【22年春夏トレンド】

 ジャケットをワンピース風に着こなす“ジャケワン”のスタイリングが相次いで提案されています。ポイントは、ジャケットで隠れるくらいのミニ丈のボトムスを合わせて、まるでジャケットだけをまとっているかのように着こなすこと。レッグラインが長くヘルシーに映るのも魅力です。

 「サンローラン(SAINT LAURENT)」は、肩が張った広襟のジャケットをミニ丈のワンピース風に着こなしたルックを披露しました。ボトムスは完全に隠れていて、コンパクトなシルエットにまとまっています。さらに、赤のグローブにバングルをオン。服やアクセサリーを腰から上に集め、脚線のスレンダーさを引き立てるコーディネートです。今回は、ボトムスを見せない“ワンピースライク”な着こなしを、2022年春夏ファッション・ウイークのおしゃれスナップからピックアップしてご紹介します。

正統派ジャケットはモノトーンで極める

 ボトムスを見せない“ジャケワン”のパターンは、大きく分けて2種類。1つはボトムスを完全に隠したスタイルで、もう1つはボトムスの裾を少しだけのぞかせるスタイルです。全隠しはコンパクトに仕上がり、裾出しは立体感が強まるメリットがあります。

 1枚目の写真左の白ジャケットの女性は、ボトムスを完全に隠して、黒のトップスとの対比をクッキリ出してクールにキメています。さらにアクセントとして、黒のポシェットを斜め掛けしました。右の女性は、黒ベルトでウエストをマーク。ジャケットの裾からチラリとのぞかせた黒トップスの裾と響き合っています。どちらもモノトーンでまとめたのが成功の決め手です。

 ダブルブレストのジャケットは、前を開けることでボクシーなシルエットが際立ち、着やせ効果が期待できます。2枚目の写真では、正統派のチェック柄のジャケットをフロント全開でまとっています。ニットトップスとストッキング、ロングブーツを黒で統一。ボトムスを見せないことで、ダブルジャケットならではの量感を印象づけた巧みなアレンジです。ジャケットの裾を遊ばせて、シャープなレッグラインを引き立てています。

オーバーサイズでキュートに華奢見せ

 ゆったりしたシルエットのジャケットを生かせば、リラックスした雰囲気の“ジャケワン”姿に整えられます。おすすめの着こなしは、オーバーサイズのアウターを使った全隠しのスタイリング。ジャケットにくるまれたような見た目が、華奢さを自然に引き出してくれます。

 オーバーサイズでドロップショルダーの羽織り物をまとえば、全体に丸みを帯びたシルエットにまとまります。1枚目の女性は、襟と袖口からラッフルをのぞかせて、やさしげなムードを添えました。ミニバッグでジャケットのボリュームを印象づけた、上出来のコーディネート。さらに、デコラティブなヒールが視線を足元に視線を集め、脚線をいっそう長く見せています。

 キュートな雰囲気を打ち出したい人にも、ボリューミーなアウターはうってつけです。2枚目の写真は、ふんわりと膨らんだパフィアウターを主役に据えたスタイリング。朗らかなムードの曲線のシルエットが、ファニーな装いに仕上げています。素足でまとうことで、健康的なセクシーさも備わり、さらにボリュームたっぷりの厚底シューズを迎えて、タフさもプラスした、めりはりが効いた好バランスに整えました。

ブルゾンやシャツでの応用スタイルも

 ジャケット以外の羽織り物でも、“ジャケワン”は可能です。ブルゾンを使ったスポーティーなルックなど、それぞれのアウターが持つ特徴を生かせば、多彩なバリエーションが手に入ります。

 1枚目の写真は、スタジアムジャケット風のブルゾンをワンピースのように着こなしました。イエローとブラックのツートーンでまとめ、統一感を強めています。ボトムスがほとんど目立たない分、ブルゾンの存在感が大きくなり、スポーティーな印象に。イエローのソックスに高めのヒールでエレガントさを添えて、ブルゾンスタイルに程よいレディーな印象を盛り込みました。

 シャツやニットトップスをワンピース風にまとう応用パターンは、ジャケットと比べて軽やかで爽やかな着映えに仕上がるのがいいところ。2枚目の写真の左の女性は、クリーンな印象の白シャツだけをまとったかのようなサプライズ感のある着こなしに、足元はゴツめの厚底靴で合わせ、コントラストを際立たせました。右の女性と、ハイネックのチュニック風ニットでリンクコーディネート。白スニーカーと合わせてヘルシーさを醸し出しています。

 “ジャケワン”スタイルは、ジャケット以外にブルゾンやシャツも使えるので、手持ちのウエアで多彩なコーディネートが楽しめる、重宝したい着こなしです。この春夏は素肌を露出する演出が勢いづきそうなだけに、試しがいがありそう。意外性がありながらも、ミニマルに整えられるのもトライしたくなる理由です。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら