ビジネス

仙台の百貨店やSCが臨時休業 16日夜の地震で

 16日23時36分ごろ発生した福島県沖を震源とする地震を受けて、東北の商業の中心である仙台では、商業施設が17日を臨時休業や時短営業にしている。

 百貨店の藤崎が食料品などを除いた大半のフロアを休業としたほか、仙台三越、仙台パルコ、三井アウトレットパーク仙台港も臨時休業を発表した。仙台駅の駅ビルであるエスパル仙台は開店時刻を13時にするとウェブサイトで告知しているが、テナントによっては開店時刻の後ろ倒しや臨時休業も見込まれるとしている。各店とも施設の安全確認を徹底すると同時に、従業員や顧客に配慮して対応を決めた。

 仙台エリアでは正午時点ではJRや地下鉄の運休や大幅な遅れが目立つ。JR東日本などは安全確認が済み次第、午後から順次、運転を再開する見通しだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら