ファッション

阪急メンズ東京に「スニーカーマニアのためのフロア」

 阪急メンズ東京は、8階(旧催事・リペアサロン)を全面改装し、スニーカーに関わるコンテンツを集積した「ギンザ スニーカー ヒルズ(GINZA SNEAKER HILLS)」として3月19日にオープンする。

 スニーカーマニアが集う“基地”をコンセプトに、約310平方メートルのフロアを4つのゾーンで構成する。スニーカーを買取・販売する“マーケット”ゾーンはコメ兵が賃貸借契約で運営し、「ナイキ(NIKE)」を中心に、マニアもうなる入手困難なレアスニーカーなど500足以上を販売する。展示スペース“ミュージアム”ではこけら落としとして「スニーカーの歴史50年を駆け抜ける」をテーマに年代ごとにアーカイブを並べる。“スクール”ゾーンではペイントやカスタマイズのワークショップなどを開催し、「スワロフスキー(SWAROVSKI)」のクリスタルやレザーを使ったアレンジを提案。“ホスピタル”ゾーンでは修理やクリーニングなどを受け付ける。

 フロアの商品・展示品は、通常の百貨店運営における取引先からの仕入れルートではなく、全て2次流通や店頭買取で調達する。「自社だけでなく百貨店としても新たな取り組みとなる」(同社)ため、改装後の売上高目標は非公表としている。

 阪急メンズ東京は19年3月に“クリエイティブコンシャスな男たちに向けた冒険基地”を掲げ全面改装。従来の百貨店がターゲットとしていたマスボリューム層ではなく、個性的なショップやコンテンツを集めることで、コアなファン作りを進めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら