ファッション

高島屋が「売らない店」参入 5年後、国内外10店舗へ

 高島屋は4日、ショールーミングストア事業に参入すると発表した。4月下旬に高島屋新宿店2階に1号店を開く。D2C企業を中心に従来の百貨店にはなかった商品をそろえる。EC(ネット通販)とリアル店舗をつないだOMO型の新しい売り場は昨年秋、そごう・西武と大丸松坂屋百貨店が相次ぎ開設して話題になった。高島屋はこれに続く動きで、5年以内に国内外に10店舗の多店舗化を計画する。

 高島屋とトランスコスモスが15年に合弁で設立したタカシマヤ・トランスコスモス・インターナショナル・コマース(本社シンガポール、以下TTIC)が運営を担う。TTICは日本の商品を海外に販売することを目的に設立。デジタルトランスフォーメーションに長けたトランスコスモスのノウハウを用いて、東南アジアや中国での越境ECなどに取り組んできた。この経験をショールーミングストア事業に生かす。

 1号店は高島屋新宿店の2階の正面入り口の横の一等地に設ける。いわゆる“売らない店舗”で、売り場にはサンプルだけを並べ、在庫は置かない。ウェブサイトに客を誘導して購入を促す手法をとる。

 「食・グルメ」「ライフスタイル」「ビューティ」「日本アート&クラフト」「エシカル」など、それぞれのテーマに精通した5人の外部キュレーターが商品の一部をセレクトする。フォロワーの多いキュレーターがSNSで発信を強める。店頭では専属のスタッフが詳しい説明や、専用ウェブサイトの利用方法などをサポートする。来店できない客に向けてオンライン接客も行う。

 店内はAI(人工知能)カメラで客の動きについてデータを集めるとともに、ウェブサイトやSNSでの閲覧などのデータ、そして店頭のスタッフが集めた客の生の声を出店企業に提供する。

 その場での販売を主目的にしないOMO型の売り場は、D2Cブランドの導入に積極的なマルイのほか、米国発のベータなど広がりをみせている。百貨店でも新機軸として期待が高く、昨年9月にそごう・西武が西武渋谷店のパーキング館1階にメディア型OMOストアを歌う「チューズベース シブヤ」、昨年10月には大丸松坂屋百貨店が大丸東京店4階に販売をしないショールーミングストア「明日見世」がそれぞれオープンした。

 高島屋は当初から多店舗化を掲げている。高島屋の店内だけでなく、出店していないエリアも想定する。TTICの拠点であるシンガポールやベトナム、タイ、中国など海外でも出店を探る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら