ファッション

「ルイ・ヴィトン」が神戸店をオープン 日本ならではの空間デザインに

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、兵庫県の神戸旧居留地に構える「ルイ・ヴィトン 神戸 メゾン」を中央区内で移転し、「ルイ・ヴィトン 神戸店」として3月19日にオープンする。

 新店舗は、モノグラムモチーフのガラスを格子柄のように配置した外観が特徴。3フロアで構成する店内にはウィメンズとメンズのアイテムに加えて、バッグやトラベルラゲージ、時計、ファインジュエリーなど幅広いアイテムをそろえる。

 「ルイ・ヴィトン」にとって神戸は、1983年に2番目の国内直営店として神戸元町店をオープンするなど、長年にわたって関係性を築いてきた都市だ。

■ルイ・ヴィトン 神戸店
オープン日:3月19日
時間:11:00〜20:00
定休日:不定休
住所:兵庫県神戸市中央区明石町44

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら