ファッション

「ルイ・ヴィトン」メンズの新作スニーカー“タティック・ライン”は90年代に着想 ヴァージルがデザイン

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、メンズの新作スニーカー“タティック・ライン・スニーカー”(税込15万1800円)を表参道店や松屋銀座店、メゾン 大阪御堂筋店で先行販売中だ。1月20日から他店舗でも順次取り扱う。

 新作は昨年11月に急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)がデザインを手掛けており、1990年代のランニングスニーカーのなめらかなカーブからインスピレーションを受けている。メッシュやスエード、カーフレザーなどの異素材使いや、“モノグラム・フラワー モチーフ”が特徴だ。ウェーブ型のソールでクッション性と弾力性を高めるなど、コレクションの中で最も機能的で機動性に優れたスニーカーだという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら