ファッション

「ルイ・ヴィトン」メンズの新作スニーカー“タティック・ライン”は90年代に着想 ヴァージルがデザイン

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、メンズの新作スニーカー“タティック・ライン・スニーカー”(税込15万1800円)を表参道店や松屋銀座店、メゾン 大阪御堂筋店で先行販売中だ。1月20日から他店舗でも順次取り扱う。

 新作は昨年11月に急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)がデザインを手掛けており、1990年代のランニングスニーカーのなめらかなカーブからインスピレーションを受けている。メッシュやスエード、カーフレザーなどの異素材使いや、“モノグラム・フラワー モチーフ”が特徴だ。ウェーブ型のソールでクッション性と弾力性を高めるなど、コレクションの中で最も機能的で機動性に優れたスニーカーだという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。