ビューティ

齋藤薫のビューティ業界へのオピニオン 「田中みな実」という人が、日本の美容において極めて重要な存在である本当の理由

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」には美容ジャーナリストの齋藤薫さんによる連載「ビューティ業界へオピニオン」がある。長年ビューティ業界に携わり化粧品メーカーからも絶大な信頼を得る美容ジャーナリストの齋藤さんがビューティ業界をさらに盛り立てるべく、さまざまな視点からの思いや提案が込められた内容は必見だ。(この記事はWWDジャパン2022年1月24日号からの抜粋です)

 美容界は多くのカリスマを輩出してきた。雑誌がモデルや女優を美容セレブにし、今はSNSが名もなきスターを生む時代。でもそうしたケースとは根本的に異なる形で、突如現れた不世出のカリスマ、それが田中みな実さんではなかったか?言い換えれば、これまでのカリスマの生まれ方は、化粧品が大好きだから、いろいろ試してきたから、という極めて単純なものだったが、この人の場合はもっとはるかに複雑。影響力もまるで違う。もちろん「みな実売れ」的な波及は今までも当然あったわけだが、この人の場合、どこまで女性たちの心を捉え、影響をもたらすのか、その全貌がつかめぬほど謎めいてもいる。

 そもそもブレイクし過ぎた場合は注目度が薄れるのも速いのに、そういうジンクスにも当てはまらないパワーは、運の強さではなく頭の良さからひねり出したものだから。それも女子アナというステイタスを保ちつつ、セミヌードから憑依系の演技、恋バナ、美容行為の一部始終、あざとさまで、全て惜しげもなくさらけ出す驚異のギャップで衆目を集めたものの、単なる開けっ広げではない。計算ずくの露出で人々を飽きさせず、新たな魅力を見せ続けられる底知れなさは、カリスマ史にも例を見ない。

この続きを読むには…
残り724⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら