ファッション

「ピーチ・ジョン」から田中みな実プロデュースのガードルが誕生 先行受注スタート

 「ピーチ・ジョン(PEACH JOHN)」は9月1日、ブランドミューズの田中みな実のプロデュースによるガードルの先行受注を開始した。このガードルは、「おしりをきれいに多くの女性にガードルの着用を習慣にして欲しい」という田中の思いから誕生。窮屈で苦しいというガードルの固定概念を覆すつけ心地の良さとファッション性にこだわった。

 田中は、「30歳を過ぎたころにガードルに出合いその魅力を知っていた。『もっと早くからはいていればよかったと後悔』」とコメント。彼女はヒップのトレーニングをしているし、ガードルは必要ないと思っていたようだ。だが、肉質は変化して重力に負けるということを実感して、「若いうちからガードルを習慣にしてもらいたい」という思いで開発したという。“田中みな実×ピーチ・ジョン ファーストガードル”はブラックとベージュの2色で税込5478円。1日から先行受注をスタートし、10月20日にピーチ・ジョンの店舗と公式ECで販売をスタートする。

 ムック本「田中みな実×ピーチ・ジョン ファーストガードル ブック」は限定色ラベンダーのガードルと田中が責任編集を務めた「丸ごとおしりブック」がセットで税込価格6490円。1日から電子書店で予約を受け付け、10月20日に発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら