ファッション

「靴下屋」のタビオ越智会長夫妻が交通事故で死去

「靴下屋」「タビオ」などを運営する靴下大手タビオの創業者・越智直正会長(82)と妻の麗子さん(71)が6日午後6時すぎ、奈良県広陵町の町道を横断しようとしたところ、軽トラックにはねられ、病院に搬送されたが2人とも死亡が確認された。心臓破裂だった。

 越智さんは「靴下業界の顔」としてメディアにもたびたび登場していた。15歳で靴下問屋の丁稚からキャリアをスタートして70年近く靴下一筋。高品質なものづくりと独自のサプライチェーンマネジメントによって、靴下市場での存在感を高めた。2002年にはロンドン、09年にはパリにも進出した。著書に「靴下バカ一代 奇天烈経営者の人生訓」(日経BP社)などがある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら