ファッション

「ベイプ」が「カナダグース」「コンセプツ」とトリプルコラボ アウターとアクセサリー

 「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R)以下、ベイプ)」は、アウターブランド「カナダグース(CANADA GOOSE)」、アメリカのセレクトショップ「コンセプツ(CONCEPTS)」とトリプルコラボしたアウターとアクセサリーを12月4日に発売する。各ブランドの正規取り扱い店舗と公式オンラインストアで販売する。

 アウターは、「カナダグース」の定番モデルをベースにした“エクスペディションパーカ”(税込18万8100円)と“チリワックボンバー”(同12万5400円)、“クロフトンフーディ”(同10万5600円)の3種類。アクセサリーは、ニットキャップ(同2万7500円)とスカーフ(同3万3000円)、ブランケット(同6万1600円)を用意する。

 「カナダグース」らしい機能性と防寒性の高さを特徴とするコレクションで、リサイクル素材も多用している。ニットキャップ以外全て、「ベイプ」のシグネチャーであるカモフラージュ柄を使用。ブランケットのみ18日の発売だ。

 「コンセプツ」は、マサチューセッツ州ケンブリッジで創業したストリート、スケーターファッションに特化したショップ。多くのオリジナル商品を販売するほか、「ニューバランス(NEW BALANCE)」や「ナイキ(NIKE)」など有名ブランドとのコラボも積極的に発表している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら