サステナビリティ

「カナダグース」がサステナブルな新作パーカ発売 温室効果ガス排出量と水使用量を削減

 「カナダグース(CANADA GOOSE)」は1月9日に、“エクスペディションパーカ”に着想を得たサステナブルモデルの“ザ スタンダード エクスペディションパーカ”をカナダグース千駄ヶ谷店で発売する。

 ブランドのコアメッセージである、人間は自然の一部であり、自然もまた人間の一部であるという“ヒューマンネイチャー”をテーマに掲げた同アイテムは、同社が2020年4月に発表したサステナビリティレポートをもとに商品化したもの。リサイクルポリエステルとオーガニックコットンを使ったアークティックテック生地や再生ファーを使用し、“エクスペディションパーカ”と比べカーボンフットプリントは約31%、ウオーターフットプリントは約68%に抑えた。原料は全て100%責任ある調達を保証する。取り外し可能なファー部分にはワイヤーを入れ強風にも耐えられる仕様。背中には“Expedition”のエンブレムを施した。両サイドにはジッパーを付け、通気性を向上させた。同ブランドの温度体感指数TEI5で、 -30℃以下の極寒環境でも耐えられる設計だ。メンズとウィメンズで展開し、価格は17万6000円。

 今後「カナダグース」は同アイテムを基準とし全てのアウターウエアの商品を環境に配慮した仕様に変更していく。具体的には、2022年を目途にバージンファーを再生ファーに切り替えること、年内を目標に100%RDSの認定を獲得すること、リサイクルされた材料を組み込み、 新しい材料の使用を削減することに取り組む。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら