ファッション

「ベイプ」 × 「コム デ ギャルソン」 カモフラ柄のスニーカーやTシャツ、ハットなど7型

 「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R)以下、ベイプ)」は、「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」とのコラボコレクション第6弾を9月4日に発売する。コム デ ギャルソン大阪内のインショップ「ベイプストア コム デ ギャルソン大阪」限定で取り扱う。

 アイテムは、Tシャツ2型(税込1万1000円)とシャツ(同2万5300円)、フーディージャケット(同3万800円)、バケットハット(同1万2100円)、ソックス(同2640円)、スニーカー(同2万7500円)の計7型。

 コレクションはモノトーンが基調で、Tシャツは両ブランドのロゴをネオンカラーでデザインしている。スニーカーのモデルは“ベイプ スタ(BAPE STA)”で、同コレクションオリジナルのカモフラージュ柄“CDG CAMO”を使用した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら