ファッション

「ヨシオクボ」が5年ぶりに東コレ復帰、18年目のベテランはファミリーのために走り続ける モデルの大平修蔵も登場

 「ヨシオクボ(YOSHIO KUBO)」は、2022年春夏コレクションを東京・中目黒の本社で発表した。東京のファッション・ウイークへの参加は5年ぶり。コロナ禍で厳重体制のなか、小規模な会場でより多くの人に見てもらうため、ショーは計3回に分けて行われた。招待状には、約150人の招待客それぞれに久保嘉男デザイナーのメッセージムービーが添えられた。全て撮り終えるのに10時間は掛かったという。会場に足を運んだ招待客は、笑顔で待つ「ヨシオクボ」ファミリーに迎えられながら席に着いた。

ファッションショーは服を売るため

 本番前のバックステージは、久保デザイナーの明るいキャラクターもあり、終始和やかなムードだった。一日にリアルショーを3回も行い、会場スタッフやモデルたちは疲れているだろうと想像していたが、久しぶりのリアルショーを楽しんでいる姿が見られた。3シーズンぶりとなるリアルショーの本番前でも、久保デザイナーはいつも通りノリのいい関西弁で表情は明るく、ベテランデザイナーの余裕がうかがえた。「まだまだデジタルでは伝えられない部分があるから、ファッションショーは続くんじゃないかな。ファッションショーはオリンピックや競技の臨場感に近い。もしかしたらモデルがコケるハプニングが起きるかもしれないし、リアルでしか見られない何かを求める以上はなくならない。素材の質感や色はもちろん、一番は来場者が自分の好きな角度で服を見られるところ。広い会場で派手に着飾るよりも、服を近くで見られる方がいいし、ショーはもともと服を売るためにやるもの。そこを勘違いしがち」。自分のクリエイションを見せて満足するのではなく、その先のビジネスに向き合う経営者としての一面があるから、ブランドを18年間継続してきたのだろう。

“唯一無二の存在”を追い求める姿

 コレクションは僧兵を意味する“ウォーリアー・モンク”をテーマに、日本のミリタリーに近年のリラックスムードや機能性をプラスして独自に再解釈した。相手を威かくするためのオーバーサイズや顔まで覆うフード付きブルゾンのほか、僧兵が昔、奈良の山寺でしていた将棋のグラフィックや竹をカモフラージュ柄に見立てたセットアップ、久保デザイナーが得意とする左右にツイストさせたジャケットや、4つの素材を切り替えたトラックパンツも登場。中でも目を引いたのが、妖怪の“般若”や“天狗”、マルや三角形の“笠”のヘッドピースの数々。これらはヘアメイクアーティストの奥平正芳が手掛けたという。「早いものは3時間ほどで完成します」。その再現度の高さと製作スピードには驚きを隠せなかった。またショーの音楽はDJのLicaxxxが、スタイリングは三田真一が担当し、モデルには大平修蔵らを起用し、全16人32ルックを発表した。「ヨシオクボ」は、20年春夏コレクションから“和”をテーマにしたコレクションを発表している。「日本人は、よくアメリカのミリタリーアイテムを着ているけど、日本のミリタリーのことはみんな知らない。僕も日本の文化で知らないことっていっぱいある。だから図書館に1週間通って、朝から夕方まで資料を読み込んだ。インターネットに載っている情報はバレるし使わない。特にインフルエンサーブランドは、インスタグラムで情報が止まっているから、同じような服で溢れかえっている。それはファッション業界のためにも絶対に良くないし、僕はやったらいけないと思う」。その言葉からは、「ヨシオクボ」の信念である“唯一無二の存在”を常に追う姿が垣間見えた。単に“バズる”“流行に乗る”だけが全てではなく、プロのデザイナーとしての覚悟とコレクションに対する熱量の高さを強く感じた。

 最後は二児の父親としての一面も見せた。「次女が僕のファッションショーを生で見たことがなかったから、今日は連れてきた」。デザイナー歴18年目を迎え、ベテランの域に達してきた47歳は愛娘のために、そして「ヨシオクボ」スタッフのためにこれからも“カッコいいパパ”“憧れのデザイナー・社長”として、第一線を走り続けてほしい。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら