ビューティ

「シンプリス」が潤い不足を内側からケアする “センシュアル ネンマク ケア”を刷新

 MNC New Yorkは、インナーケアやスキンケアを展開するビューティブランド「シンプリス(SIMPLISSE)」の“センシュアル ネンマク ケア”(30袋、税込9396円)を11月24日にリニューアルした。

 「センシュアル ネンマク ケア」は、発売から2年を迎えたブランドの中でも人気の製品。「潤ってニオわない」をコンセプトに、気になる口の臭いや、目・鼻の乾き、デリケートゾーンの潤い不足を内側からサポートする粘膜ケアサプリメントだ。シーベリー果実油やアグアヘ果実油が粘膜の潤いをサポートする。臭いにスピーディーに働きかけるメントールを新たに配合するなど、今回の刷新によって8種類から10種類へと栄養素を増やした。

 開発者の山本未奈子CEOは「『シンプリス』 は、ブランド誕生当初からアウターケアの大切さと同時にインナーケアの重要性もうたってきた。目の渇き、膣のニオイ、性交痛などは多くの女性が抱える悩みだが、それらに対して表面的な処置ではなく、根本的な原因に向き合いたいと思い、この“ネンマク ケア”サプリメントの発売に至った」とコメント。

 山本CEOとともにブランドを支えてきた高橋くみCOOは「ブランド誕生から12年ほどたちお客さまの年齢層が、30代後半から40代を中心にシフトしてきている。私たちと同じように年を重ねるにつれて悩みも変化している。 “カラダの悩みで何かを諦めてほしくない”そんな思いから、生まれた製品なので、これからも自分たちらしく、 “本気のものづくり”を続け、タブー視されてきた“セクシャルヘルス”の分野にも挑んでいきたい」とブランドに対する思いを語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら