ファッション
連載 ビジネスリポート

「スノーピーク」は142%増! ルミネ新宿や渋谷パルコで好調だったブランドは?(2021年10月)

有料会員限定記事

 緊急事態宣言が解除された10月の都内ショッピングセンター(SC)は、徐々に客足と消費マインドが戻ってきているようだ。秋冬商戦は真っ盛り。各SC、さまざまな施策で来館を促している。

渋谷パルコ

【高伸長ブランド】※( )内のパーセンテージは対前年同期比
ヌビアン/アンリアレイジ/オリジネイティッド イン グレースコンチネンタル/アンカー

【安定・堅調ブランド】
ロエベ/ザ・ノース・フェイス ラボ/グラウンド ワイ/ピアレス/ケースティファイ/スナイデル/ノルディスク キャンプ サプライ/オガワグランドロッジ/ジャンプショップ

【10月の概況】

 緊急事態宣言解除、飲食店の時短要請解除により、平日もトラフィックが回復、週末は遠方からの来店も増加。 気温も下がり、実需時期に合わせ、「カナダグース(CANADA GOOSE)」を中心に重衣料の動向が目立った。1階では渋谷パルコ初「セリーヌ オム(CELINE HOMME)」のポップアップストアを展開。琵琶湖の釣り具メーカーDRTと「デンハム(DENHAM)」と「ヴィレッジドア(VILLAGEDOOR)」がコラボしたTOKYO ANGLERSではルアーを中心に釣りとファッションの感度の高いお客さまが来店、会期中16時以降物販は行わず、スタッフとの会話を楽しむ時間を作り、コロナ渦では控えていたフィジカルの体験を実施した。

この続きを読むには…
残り4213⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。