ファッション

「スノーピーク」は142%増! ルミネ新宿や渋谷パルコで好調だったブランドは?(2021年10月)

有料会員限定記事

 緊急事態宣言が解除された10月の都内ショッピングセンター(SC)は、徐々に客足と消費マインドが戻ってきているようだ。秋冬商戦は真っ盛り。各SC、さまざまな施策で来館を促している。

渋谷パルコ

【高伸長ブランド】※( )内のパーセンテージは対前年同期比
ヌビアン/アンリアレイジ/オリジネイティッド イン グレースコンチネンタル/アンカー

【安定・堅調ブランド】
ロエベ/ザ・ノース・フェイス ラボ/グラウンド ワイ/ピアレス/ケースティファイ/スナイデル/ノルディスク キャンプ サプライ/オガワグランドロッジ/ジャンプショップ

【10月の概況】

 緊急事態宣言解除、飲食店の時短要請解除により、平日もトラフィックが回復、週末は遠方からの来店も増加。 気温も下がり、実需時期に合わせ、「カナダグース(CANADA GOOSE)」を中心に重衣料の動向が目立った。1階では渋谷パルコ初「セリーヌ オム(CELINE HOMME)」のポップアップストアを展開。琵琶湖の釣り具メーカーDRTと「デンハム(DENHAM)」と「ヴィレッジドア(VILLAGEDOOR)」がコラボしたTOKYO ANGLERSではルアーを中心に釣りとファッションの感度の高いお客さまが来店、会期中16時以降物販は行わず、スタッフとの会話を楽しむ時間を作り、コロナ渦では控えていたフィジカルの体験を実施した。

この続きを読むには…
残り4213⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら