ファッション

「本気であそんで本気で働く!」 「ヌメロ・トウキョウ」の田中編集長が後輩たちに送るエール

有料会員限定記事

 11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集だ。誰もが“発信者”になれる今、“編集者”とはどうあるべきか。長年一線で活躍し、後輩も多く育てるベテラン編集長に、後輩編集者に送るエールを色紙にしたためてもらった。「ヌメロ・トウキョウ」の編集長として15年チームを率いる田中杏子編集長のメッセージは「本気であそんで本気で働く!」。自身の経験と編集の面白さを聞いた。

WWD:「本気であそんで本気で働く!」。読んで字のごとしですね。

田中杏子「ヌメロ・トウキョウ」編集長(以下、田中):私がもともと現場でスタイリングをして、ファッションが大好きで、遊んで、遊びまくってここに来たという経緯があるので、この言葉にしました。若いときは特にエネルギーを持て余しているものなので、いつも同じ人と同じ話を同じ場所でするのではなく、いろんな人と出会って、いろんなとこに出向いて、いろんなものを見て、いろんなものを吸収するというのがすごく大切で。そういった意味で、本気で遊ぶというのは、自分を深めてくれて、ひだを作れると思います。

WWD:それが編集の仕事に生きている?

田中:今活躍している人たちとの出会いは、仕事の場よりも、遊んでいる場で知り合ったパターンが多いですね。遊びの場で知り合って、わーって盛り上がって、一緒のテンションで遊んで、「あいつ、面白い」みたいなところから、人脈が広がったので。

 編集は、点在している点と点を、「あっ!」と思って結んで、線にして面にして立体にするという作業だと思います。この点と点を結ぶ感覚は、気付いたもの勝ちというか。経験が増えれば増えるほど、自分の視点に自信が持てるようになるし、自分が「めっちゃ面白い、これ!」と思ったものこそ、人に伝えられますし、人の心を打ちます。でも、その「めっちゃ面白い」っていうものに出合えるかどうかが大切で。

 人に会うのが超苦手だけど、マンガを語らせたら右に出る者いませんでもいいと思うんです。勉強しようと思ってマンガを見ているわけではなく、とにかく面白いから永遠にマンガを見ちゃうみたいな。それは、その人にとっての遊びじゃないですか。今は結構、バーチャルの中に遊びがあるのかもしれないですね。

この続きを読むには…
残り1655⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら