ファッション

「ヌメロ トウキョウ」の田中杏子編集長が“注目の”新プロジェクト 第1弾は「カラー」とコラボ

 「ヌメロ トウキョウ(Numero TOKYO)」の田中杏子編集長はこのほど、新プロジェクト「ラビトン(RABBITON)」を始動した。“注目するモノ・コトに“ビックリマーク‼︎”を付け、みんなの視線を集める”をコンセプトに、田中が注目するファッションブランドやカルチャー、アート、建築、社会活動などを発信していく。プロジェクトのロゴは、ビックリマークに口と舌を加えてウサギのように見えるデザインに仕上げた。

 第1弾では、「カラー(KOLOR)」とのコラボレーションTシャツを発表。同ブランド定番の厚地のコットンTシャツをベースに、「ラビトン」のロゴマークを大胆に配した。「ラビトン」公式サイトではブラック×ホワイト、ホワイト×レッド、ホワイト×ブラックの3色が販売中だ。そのほかランド オブ トゥモロー 丸の内店や心斎橋パルコ店などで扱う。価格は税込2万3100円。

 田中は、「『カラー』は『ヌメロ トウキョウ』の誌面やスタイリングの仕事でお世話になっているブランドで、個性的でありながら幅広い層の人が楽しめるデザインが大好き。特にT シャツやトレーナー、キャップのグラフィックにはいつも心惹かれている」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら