ファッション

「ミナ ペルホネン」から森やキノコをイメージさせる照明が登場 東京・代官山マテリアリで販売

 「ミナ ペルホネン」は10月22日、東京・代官山のマテリアリで、フィンランドの建築家兼デザイナーであるエサ・ヴェスマネン(ESA VESMANEN)とコラボレーションした照明を発売する。

 フィンランド語で森を意味する“メッツァ”は白樺素材のシェードが特徴で、あかりを灯すと森が浮かび上がり。無数に施された細かな穴は夜空の星をイメージさせるデザインだ。ペンダントランプは8万2500~8万8000円。フィンランド語でキノコを意味する“シエニ”は、柔かいラインが特徴のスタンドランプで、価格は6万500~7万1500円。フィンランド語で雲を意味する“ピルヴィ”は、コロンとした印象のペンダントランプ。価格は7万1500~

 9万3500円。ランプは組み立て式で購入後、約2週間で納品予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら