ファッション

「ミナ ペルホネン」の素材や雑貨に特化した店舗が代官山にオープン

 「ミナ ペルホネン(MINA PERHONEN)」は4月22日、東京・代官山にテキスタイルを中心にテーブルウエアやインテリア小物をそろえた店舗マテリアリ(MATERIAALI)をオープンした。奥の窓から緑豊かな裏庭が望める同店では、インテリア用のテキスタイルを中心に、タイルやテーブルウエア、クッションなど日々の暮らしを彩るアイテムを販売。他、オリジナルのテーブルウエアをはじめ、野田琺瑯が製作したオリジナルの保存容器、クッション、スウェーデンのテキスタイル・ブランド「クリッパン(KLIPPAN)」製作のブランケットなどがそろう。デザイナーの皆川明(AKIRA MINAGAWA)の詩をイメージソースにした「ディプティック(DIPTIC)」のキャンドルも販売する。

 北欧家具「フリッツ・ハンセン(FRITZ HANSEN)」の”セブンチェア”や「アルテック(ARTEK)」の”スツール60”などのシートの張り地を選んでオーダーすることも可能だ。選べる張り地は3タイプ。経年変化を楽しめるドップ(2色)やアイコニックなタンバリン(3色)、ちょうちょう(2色)の3種類。

 価格は、ホーローウエアが1350 〜2500 円、プリントのクッションが9000〜1万1000円、刺繍のクッションが1万2000〜1万5500円。”セブンチェア”が13万5000〜16万5000円、”スツール60”が3万8000〜4万1000円。ブランケットは、1万〜2万9000円程度。

 オープン前日の内覧会で皆川は、「洋服のブティックから近く、景色が何より。洋服とインテリア両方を楽しんでもらえれば」とコメント。ファッションからインテリアまで、「ミナ ペルホネン」の世界観がさらなる広がりを見せている。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら