ファッション

経産省のECに関する報告書から市場全体を知る【齊藤孝浩のファッション業界のミカタVol.30】

有料会員限定記事

 企業が期ごとに発表する決算書には、その企業を知る上で重要な数字やメッセージが記されている。企業分析を続けるプロは、どこに目を付け、そこから何を読み取るのか。この連載では「ユニクロ対ZARA」「アパレル・サバイバル」(共に日本経済新聞出版社)の著者でもある齊藤孝浩ディマンドワークス代表が、企業の決算書やリポートなどを読む際にどこに注目し、どう解釈するかを明かしていく。今回は決算書ではなく、経産省による報告書のデータから、市場動向を読み解く。(この記事はWWDジャパン2021年10月11日号からの抜粋です)

 今回は経産省が7月30日に発表した電子商取引(Eコマース)に関する報告書のデータから、実店舗およびECの市場規模の変化についての気付きをお話しします。

 まず最初に2020年の物販系分野のBtoCのEC市場規模は、前年比21.7%増の12兆2333億円でした。この大幅な伸びの要因の1つは、外出自粛で旅行やチケット販売を含むサービス系分野(同36.5%減の4兆5832億円)や外食需要が大きく落ち込んだ分が、巣ごもり対応の物販市場に流入した結果と考えられます。

 では、その物販の中身を見てみましょう(上表)。衣類、服飾雑貨は同16.3%増の2兆2203億円。市場規模は19年では最大でした。しか

し、20年は家電に抜かれ、食品や生活雑貨に迫られていますね。こうした消費者の購買行動の変化を示す統計データは、アパレルだけでなく、その周辺マーケットも知ることができます。

 また、このEC化率から計算していくと、実店舗の動きも知ることができます。EC売り上げを構成比で割れば、ECを含むマーケット全体が出ます。そこからEC売り上げを引けば、ほぼ店舗売り上げと言ってよい金額が算出できるわけです。

この続きを読むには…
残り2288⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら