ファッション

「パタゴニア」が新品を売らないポップアップストアをオープン 

 パタゴニア・インターナショナル・インク日本支社は8月20日~9月26日、“ウォーン ウエア(Worn Wear)”をコンセプトにしたポップアップストアを渋谷店に開く。ポップアップストアでは、「パタゴニア(PATAGONIA)」スタッフから買取った製品が中古品として販売されるほか、修理して長く着続けることの楽しみを伝える展示・紹介する。

 “ウォーン ウエア”はパタゴニアの製品を長く使用するためのプラットフォームで、製品の修理を行ったり中古品を買い取り修繕して再販売するもの。コンセプトは2005年のブログで生まれ、13年に米国で始動し、19年11月には米国で修繕が不可能な状態の衣類を分解し、新たな衣類を作り出すプログラム「リ・クラフテッド(ReCrafted)」もスタートしている。“ウォーン ウエア”のポップアップストアは日本では初の試みになる。

 「パタゴニア」はかねてから、「消費を減らし、すでに所有している衣類をより長期間活用すること」を訴えてきた。「まずは消費を減らす。必要ないものは買わない。次は修理。まだ使えるものは直して使う。または再利用したり、共同使用することもできる。そしてついにこれらの選択肢がなくなったとき、リサイクルすること」。そのためのプラットフォームを自社で整えて運営している。「パタゴニア」によると衣類の寿命を9カ月間伸ばすことで、炭素排出、水の使用、そして廃棄物のフットプリントを20〜30%削減できるという。

■Worn Wear ポップアップストア パタゴニア 東京・渋谷
日程:8月20日~9月26日
場所:パタゴニア東京・渋谷ストア1階
住所:東京都渋谷区神宮前 6-16-8
営業時間:月~金 12:00~19:00 土日祝日 11:00~18:00
定休日:9月15日
*混雑時には入店制限あり

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら