ファッション

「グッチ」のレストランがオープン ブティックが先行オープンした「グッチ並木」の最上階

 「グッチ(GUCCI)」は、10月28日にレストラン「グッチ オステリア ダ マッシモ ボットゥーラ トウキョウ(GUCCI OSTERIA da Massimo Bottura Tokyo)」を東京・銀座の旗艦店「グッチ並木」の最上階にオープンする。

 同店舗はイタリア・フィレンツェとアメリカ・ロサンゼルスに続く3店舗目。メインダイニング48席とテラス12席を備え、ランチやディナー、バー、アペリティーヴォ(イタリア式の軽食、アペリティフ)を提供する。価格帯はバー、アペリティーヴォの営業で、魚介のスパゲッティーが税込(サービス料別)3630円、ミニバーガーやサラダが同2200円など。

 伝統的なイタリア料理をコンテンポラリーにアレンジした料理を用意。ミシュラン3つ星に輝いたマッシモ・ボットゥーラ、フィレンツェ店のカリメ・ロペス(Karime Lopez)ヘッドシェフ、東京店のアントニオ・イアコヴィエッロ(Antonio Iacoviello)ヘッドシェフがアイデアを出し合い、メニューを開発した。ボットゥーラは「イタリアと同様に、その土地の文化と深く結びついている日本食や食材は、間違いなく世界で最も魅力的な料理の一つ」とコメント。“パルミジャーナ ラーメン”や“和牛 ミラノ風”など、日本料理にインスパイアされた東京店オリジナルのメニューも登場する。

 内装は同ブランドのデコールコレクションの壁紙を使い、こだわったカラーパレットでエリアや部屋ごとにそれぞれの空間を彩った。アンティークミラーを備えたプライベートのダイニングルームも用意している。レストランのフローリングには、クリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)が収集するアンティークからインスパイアされたデザインをハンドペイントで施した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら